はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : なんにも見えない土倉山 2017/4/1
投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-4-11 18:04:49 (85 ヒット)





いつのころからか、山での行動時間のリミットと、体調のリミットを考えながらの山登りとなってしまった。いつ襲ってくるともしれぬ発作性の頻脈のことを考えると、山域やルートはおのずと限定されてくる。山高きがゆえに尊からず、というものの、高い山、困難な山への想いはまだ完全に捨てきれてはいない。会心の山は結果として付いてくる。

雲が出ているが、予報では9時ごろから晴れマークとなっていたのでそれを期待して出かけた。3/11に来たとくらべ、雪はかなり沈んでいる。林道の路肩にはフキノトウも出始めている。山の斜面もすっかり地肌が出ている。林道に残った雪の上には一人と思われる山スキーの跡が。今日は終始それを追っての行動となった。

取り付きの杉の植林帯はところどころ雪が途切れているが、トレースは残った雪にうまく乗って尾根へと向かっている。尾根に出てからは一旦雪が途切れるが、またすぐに出てくる。藪もうるさいほどではない。視界は悪くなる一方で、期待した景色はまったく見えない。ひたすらトレースを追っかけ、いつになったら先行者に追い付くのかな、との思いで高度を稼ぐ。人影がしたので、追いついたと思ったら、先の単独行者が降りてきたところだった。8時47分、約900の地点。ずいぶん早いなーと、聞いたら、5時に出たとのことだった。

彼とすれ違ってからも、一向に天候が回復しない。あたり一面乳白色の世界、視界は100メートルあるかないか。細かな霧雨に包まれる中、いつのまにか稜線に出ていた。山頂は右に折れて少しいったところ。トレースもそこで終わり、その先は下り斜面となっていたので、山頂と断定した(家に帰ってからGPSログで確認)。

土倉山から見える毛勝や剱方面の景色はまたのおあずけとなった。

伊折橋起点 取付きまで1時間 山頂まで2時間30分 下り取付きまで1時間


印刷用ページ このニュースを友達に送る