はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「ビッグ・ノーウェア」 ジェイムズ・エルロイ 著 ★★★★ 文藝春秋
投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-4-27 13:52:39 (82 ヒット)

前作「ブラック・ダリア」では事件に入るまでの「まくら」がとても長かった。推理小説としては類まれといってもいいくらい長かった。しかし、本作品ではいきなり、それが普通なのだろうが、事件が起こってしまい、その犯人探しが主筋となる。

「ブラック・ダリア」同様本作品も警察小説の部類に入る。一般的には、ミステリーに登場する主人公は一旦その事件に係ると、その事件一筋に突き進んでいく。もちろん枝葉の挿話や人間関係のあやなどで話を膨らましてはいる。本作品においても一人の警察官がその事件を追いかけるのだが、実際、一つの事件だけで世の中が成り立っているわけもなく、人間生きている間にはいろんなことが関わってくる。エルロイは一つの事件をそういうもろもろの世相のなかの断片として切り取るのがとてもうまい。それは時代背景というよりはその時代に生きた人間生活そのものである。であるから、複雑な人間関係と登場人物の多さは当然であり、いくつもの事件が次から次と降って湧いてきてもなんの問題もない。

描かれた一連の世相の断片が後半にきて繋がってきて、主筋の物語へとリンクしていく。高い目線で作品全体を見渡しながら読んでいくと、複雑なエルロイの作品も見え方が違ってくる。

印刷用ページ このニュースを友達に送る