はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「フリッカー、あるいは映画の魔」上・下 セオドア・ローザック 著 ★★★ 文春文庫
投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-6-25 11:13:55 (79 ヒット)

1998年度「このミステリーがすごい!」、それも第一位に何故選ばれたのか不思議でならない。その帯に惹かれて手にとったのだが、それほどおもしろいミステリーとは思わなかった。映画愛好家にはたまらない本だと思うが、そうでないものにとっては、冒頭から羅列される映画のトリビアと蘊蓄は、それがミステリーとどうつながっていくのか、ひたすら我慢のしどころ。

ミステリー的な度合いが増してくるのは後半に入ってから、それも一気に加速し、壮大なファンタジーへと進んでいく。そして終盤はあまりにもとりとめもない話となって、物語の着地どころが気に懸る。
この本のどこが「すごい」のか、聞いてみたい。

印刷用ページ このニュースを友達に送る