はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 大熊山の春 2018/4/28
投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-5-4 14:19:55 (31 ヒット)























この時期恒例の大熊山。
今年は尾根筋の雪解けが早く、もしかしたらお目当てのあの花が咲いているかもしれないと期待して出かけた。

山は薄く霞がかっているが、そのうち晴れてくるだろうと思って小又橋から歩きはじめる。取付きの尾根はすでに早春の頃を過ぎている。イワウチワが道の両脇に咲きほころんで、主稜線まで楽しませてくれる。はたしてあの花はどの辺だったろうと探しながらいくと、突然その真っ白な一群が目に飛び込んできた。やはり例年より開花時期が早いようだ。だが、少しずつ株が小さく少なくなってきている。不思議なことにこの尾根でこの花が見られるのはこの場所だけだ。あとはいくら探しても見つからない。尾根から外れた周辺の斜面を探したら見つかるかもしれない。とりあえず目的の花に出会えて一満足。

雪は主稜線直前になってようやく出てくる。案の定、少しずつガスが消えはじめ周辺の山々がくっきり見えるようになってくる。雪を拾って稜線歩きを楽しんでいると、先行者に追いつく。それからあれやこれや話をしながら歩いていると、いつのまにか山頂台地に着いてしまった。

山頂に立つと雲が湧いたり消えたりして、流れ行く雲間から覗く剱や大日の雄姿にしばし見とれる。コット谷に目をやると、山ノ神尾根の取付きは雪が付いている。コット谷のコルから上部の尾根を見やると、単独行者が早乙女に向かっているのが視認できた。大日まで行くのだろうか。

山頂での眺望を十二分に楽しんで、お逢いした人に別れを告げ、独り下りにかかった。

小又橋起点 登り3時間 山頂30分 下り2時間

印刷用ページ このニュースを友達に送る