はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「義貞の旗」安部龍太郎 著 ★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2019-9-29 17:31:37 (65 ヒット)

新田義貞、名前は知っていてもどんな人物なのか全く知らなかった。歴史線上のどこに当てはまる人物なのか、この作品でようやく知ることが出来た。最近になってこの時代を描いた小説を何冊か読んだが、この時代は天秤のように上げ下げする朝廷と幕府の力関係、そしてそれに翻弄される庶民と地方の武士たち、それらがぐちゃぐちゃに入り乱れていた時代だったということが自分の中での認識として定着しつつある。何がなんだかさっぱりわからない、何でもありの時代だったとの印象が強い。なので、この時代を描く小説も焦点を絞り切るのが非常に難しいのではと想像する。個々の人物を描くにはその背景や同時代に居た人物との関係も描かざるを得なく、これだけ混沌とした時代を描くには、それぞれの人物像を一つひとつきっちりと組み上げながら、それらを積み上げていくしかないように思える。単独作家が独りの目線でみた山岡壮八の「家康」のような超長編にならざるを得ないと考える。今のところそんな作品にはめぐり合っていないので、個々の人物を描いた小説をもっともっと読み込んで、この時代を自分のものにするしかないだろう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る