はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「まほり」高田大介 著 ★★★★ 角川書店
投稿者: hangontan 投稿日時: 2019-11-20 10:05:23 (72 ヒット)

「烏の伝言」以来、長らく待ち望んでいた高田大介の本、やっぱり面白かった。伝奇小説の部類に入るのだろうが、単なる伝奇物に収まらないところが本書の奥深さ。鍵となる言葉が要所に散りばめられ、その鍵とも記号ともつかぬ言葉がパズルのピースのように物語に落とし込まれていく。論理的な破綻は微塵もなく、ただただ知的好奇心の向かうがままに読者を物語の中に引きずり込み、引っ張っていく。「豊富な」という一言では言い表せないくらいの語彙力が物語に魔術師的な厚みをもたらしている。日頃聞きなれないような言葉が次々と登場し、技巧に走った読みにくい文章であるかと言えば、そうではなく、逆にすんなりと腑に落ちていく。ある意味不思議な感覚。この辺の按配、空気感が「図書館の魔女」以来の著者の魅力であろう。
さらに、この作品において異彩を放っているのが、語り言葉の8割以上が上州弁で占められている、という点。それも、コテコテの上州弁。言語学者でもある著者の一つの遊びなのかもしれない。群馬でベストセラー一位になるのは間違いがないだろう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る