はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「エウスカディ」馳星周 著 ★★★ 角川書店
投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-9-7 16:17:58 (24 ヒット)

バスク人、バスク地方の特殊性に目をつけて、それから話を膨らませていった物語。いわゆる「バスク」はスペインとフランス国境の両方に存在するということを初めて知った。バスクはそういう微妙な位置にありがながら、独自の文化を築き上げ、それを守ろうとしている。

物語は、スペインの中央政府からの独立を目指して武力による革命を探る組織とそこに紛れ込んだ日本赤軍からの協力者を主題としている。巷では日本人とバスク人には共通する点が少なからずあるという話だが、この物語を読めばなるほどと共感できる面も見いだされる。


冒頭からテロ組織、日本赤軍と出てきて、世紀末のノワール作品を想像していたが、その期待は見事に裏切られた。犯人捜しの部分もある程度予想できる範囲内で、テロ行為という破壊的思想とは裏腹に、物語としての破壊性はない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る