はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「南極風」 笹本稜平 著 ★★★ 祥伝社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2012-12-26 5:23:56 (365 ヒット)

ニュージーランドの秀峰「アスパイヤリング」のツアー登山で起こった遭難事故。生き残ったガイドが殺人の罪で告訴される。事故は防げたはずという未必の故意が争点となっている。

ガイド登山の遭難事故が報じられるたびに「ガイドの責任はどこまでか」ということを考えさせられる。遭難には様々な経緯、状況があり、一概に論ずるのは難しいという向きもあろうが、私は、お客さんの疾病に起因する場合を除いて、事故の全責任はガイドにあると考えている。お金をもらって、お客さんを山に案内する以上、あらゆる危険性をガイドは考慮しなければならない。安全登山こそガイドに求められる最低の責務である。もし、落石だとか、雪崩だとか、雪庇の崩落が想定外で不可抗力だったといって、責任逃れをするならば、はなからガイドの資格はない。ガイドになるからにはそのくらいの覚悟で臨んでほしい。ただ、それを告発するかどうかは、また別の問題。

さて、本作品では、登頂後の下山中、自然落石が原因で複数の犠牲者が出てしまう。ツアー登山のガイドである主人公は身の危険を顧みず、必死になってツアー参加者を助けだし、下山させようと試みる。その命を惜しまぬ活躍ぶりが物語の中心をなしている。読者は当然ガイドに責任があるはずがないと導かれる。しかし、裁判での判決は有罪。客観的にみればそういうこともあり得るということだ。

だが、なにもそんなシビアな目で読まなくてもいい。アスパイヤリングの魅力は十分に伝わってくるし、どっぷりと山の中に浸らせてくれる作品となっている。

気になるのは、人称の使い方の違和感、紋切調の表現が目立つというところ。この傾向は笹本稜平の作品全般にみられる。しかし、この”くせ”は自然に身についたしぐさのように、なかなか修正できないのかもしれない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る