はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
過去ログ : 会心のクズバ山 2006/4/28
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-4-26 18:49:33 (430 ヒット)



快晴の一日だった。
剱センターのゲートから小又橋まで歩いて40分。最近は自転車通学が流行のようだが、春山日帰りの軽装備ならそんなにきつくはない。小又川はまだ一面の雪。西小糸谷まで小川の流れをまたいでなんなく行き着ける。ゆるやかな小糸谷を取り付きの尾根を探しながら行く。結局コルの手前3番目くらいの尾根から取り付くことにした。だが、雪質がなんだか変。スカスカ、ズボズボ。全く締まっていない。ところどころ全層崩れている亀裂も見受けられる。途中から左の小谷に下りそちらを詰めることにした。デブリの跡だが締まっていて歩きやすい。そうこうしているうちに1625ピークに出る。そこからクズバまでの稜線がいやらしい。雪庇に注意しながら歩いていても、いつのまにか雪庇の上に立っている。途中の急登も雪がスカスカで帰りのことを心配しながらいく。
最後の急斜面はあえぐようにして上って山頂にたった。やはり、ここからの眺めは天下一品。大熊からコット谷、大日、奥大日、剱岳、猫又から東芦見尾根の大パノラマだ。今度は西大谷尾根への想いを胸に、帰路についた。

その後、2008年のGWに、念願であった西大谷尾根〜剱岳の縦走を果たした。



印刷用ページ このニュースを友達に送る