はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : かみさんと大熊山 2013/4/29
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-4-30 21:22:59 (472 ヒット)

















28、29日はかみさんと室堂に上がる予定であったが、よんどころない野暮用が入って、29日のみの山行となった。で、行先は「私がまだ行ったことがない大熊山にしなさい」とのかみさんのお告げに従い、大熊山とあいなった。

この時期大熊山に登るには、2ルンゼを辿ってアイゼンで駆け上がるのが一番効率がよく気分も良いのだが、かみさんの技量を鑑みればそういうわけにもいかず、夏道から行くことにした。

取り付きからすぐにイワウチワのお出迎えがあって、それが標高1000メートル付近までずーっと続く。途中、バイカオウレンの群生地に出くわし、予期せぬサプライズとなった。もし2ルンゼを使っていたなら見られなかった光景だ。雪解け直後のわずかな期間にしか見られない、そこに出くわすことが出来て感動ものだった。もう少し時期があとだったら、花も終わってしまい、イワウチワにまぎれて、その存在すら気付かないであろう。

1000メートル付近から雪を拾って、1200メートルの肩からは完全な残雪歩きとなる。ここから頂上までの稜線歩きは、まさしく天国の稜線。剱、大日のジャイアンツの眺めは逸品だ。かみ様にもいい捧げ物ができた。

昨年の同時期のかみさんとの山行は中山だった。今年はそれより一歩前進。
次の山へと期待が膨らむ。

登り:小又橋から4時間30分 下り:3時間15分
今日の獲物:コゴミ(コシアブラは1週間くらい早かった)
大熊谷東山稜から 2013/3/9 
大熊谷東山稜〜1150まで 2013/1/12
[過去ログ] 大熊山 2ルンゼから北東稜をへて 2005/4/25

印刷用ページ このニュースを友達に送る