はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
過去ログ : 八ッ峰とチンネ 1985/8/15-18
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-8-11 15:25:43 (465 ヒット)

初めての剱岳は八ッ峰で始まった。黒部湖から、丸山東壁を見て、ハシゴ谷乗越しを経由し真砂沢のキャンプ場へ。何もかもが新鮮で感動の連続だった。

機↓曲間ルンゼを行ったつもりだったが、なぜか本当の「溝」登りとなってしまった。登りきった所は喫の手前。まずこのルンゼを登るものはいないだろう。そして、司付近でガスにまかれてさっぱり居場所が分からなくなってしまった。とにかく先に先にと進む。八ッ峰の頭を踏んだのかは判然とせず、いつのまにかチンネからの下降点まで来ていた。そこから池ノ谷ガリーに降り、三ノ窓に出た。もう時刻も遅く、真砂沢まで戻れず、ツエルトを被って初ビバーク。水は、傘をさかさまにして雪渓の端から滴り落ちる水滴を集めて水筒に溜めた。

翌朝はチンネの登攀、引っ張りあげられなんとかついて行く。自分がトップをきったのは、最後の簡単な2ピッチぐらいだったろうか。本峰に立ったときは、喜びよりは、疲労感で一杯だった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る