はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「脊梁山脈」 乙川優三郎 著 ★★★ 新潮社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-10-29 17:29:55 (405 ヒット)

山の本に入れるかどうか迷ったが、題名と、山に生きる木地師を描いていることから、山の本に分類した。

物語の先行きに胸躍らせるというよりも、ひたすら字面を追って、その場面場面に浸りきる、そんな風に読んでいく作品だ。文章使いは丁寧で、其処に描かれている主人公もそうだが、作者の実直な性格が伝わって来るようだ。妙な挿話もなく読んでいて安心感がある。宮尾登美子の男性版という感じがする。

この本の中にも描かれているが、木地師のルーツは志賀の近江にあるらしい。良質な木材を求めて、木地師は山から山へ、国から国へと移動していった。「ハタ」という名字が秦に所以があるように、木地師の場合は「小椋」姓が受け継がれていった。今でも木地師の里には「オグラ」という姓が残っているところは少なくないという。その先祖を辿っていくと、そのルーツは近江に行きつくことになるのかもしれない。

また、木地師の墓の中には天皇家の菊のご紋を使う墓を見ることができるという。私が仕事で訪問する群馬県の山間の村の上野村にもそれが残っている。そこには十六の菊の紋章の石塔があるのだそうだ。この紋章は近江の小椋の里に隠棲された五十五代文徳天皇の第一皇子惟喬親王を祖と仰ぐ木地師のみに許されたものだという。天皇家以外はむやみに使用してはならないとされる菊のご紋を許された木地師はいかなる存在であったのか、どうやってこれまで生きながらえてきたのか、またその末裔は今現在どのような暮らしを営んでいるのか、興味は尽きない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る