はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
過去ログ :  晩秋の赤谷山 1996/11/3-4
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-10-30 18:03:22 (377 ヒット)

ブナクラ谷から入って赤谷山へ。絶好の登山日和に、山頂は多くの登山者で賑わっていた。一升瓶が転がり、焼肉を囲んで宴会モード。

翌日、赤谷山からの踏跡を辿って北方稜線を南下。主に小黒部谷側をトラバースするようにして進む。白ハゲまで道はついている。白ハゲ山頂は小笹で覆われた快適な場所だ。大窓へ降りるつもりであったが、下を覗いてみると藪がひどく、先が読めない。しかたなく、もと来た道を戻ることにした。

ところが、赤谷山からの下りに差し掛かった辺りで、連れの足首の持病が悪化し、痛みで歩行困難となってしまった。きついテーピングを施し、痛み止めを服んで様子を見ながら下山。時間はたっぷっりあると思ったが、ブナクラ谷中腹で夕暮れとなってしまった。計画通りに大窓から下っていたらと思うとぞっとする。

自分は先に取水口まで降りて、空身で友を迎えに行く。彼は油汗でびっしょり、顔は苦渋にゆがんでいた。ザックを受け取って肩を貸しながら歩く。馬場島に着いたときは、まさしく肩の荷がおりてほっとした。

印刷用ページ このニュースを友達に送る