はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 大熊谷西山稜1340まで 2014/2/24
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-2-25 6:58:42 (447 ヒット)

大熊谷西山稜、今季4度目。これまで少しずつ高度を上げてきている。はたして今日はどこまで。

今日も「しまむら」の特売品780円の上下のアンダーをに身を着けて家を出た。
伊折付近の雪は前回来た時よりも多くなっているようだ。馬場島への道も雪上車が通ったのか、自然沈下のせいなのか硬くなっている。その上に昨日のものと思われるスノーシュー、ワカンの跡が残る。

締まった雪の上を歩いてい、つものごとく剱センターを過ぎたスギの造林帯の緩斜面から取り付く。いくらか締まった雪は、踏み込むとぐぐっと沈み込む。新雪のときとはまた違った感触。やや重たいが、すねから膝下までなので歩きやすい。樹林帯の中は陽が射さず雪解けが進まないため硬くなるのも遅い。ときおりスギの木の枝の上に乗った大きな雪の塊が、どどどーんと落ちてくる。あれに当たったらイチコロだろう。

820台地を過ぎてからも前回と違って随分歩きやすい。陽の当たる東側の斜面を選んで先を行く。前回の新雪、深雪地獄の場所もなんなく通過。いつのまにか1200天国の台地に到達した。そこから、なだらかな斜面をゆっくりと足を運んで1340Pに到着。今年三回目となる雄叫びはこのピークからだった。

だが、このピーク、付近は落葉樹の疎林帯で眺めが期待したほどではなかった。下りながら、眺望のよいところを探して、そこを休憩の地とした。
ここから見るとまっ平な大熊山が正面に、その右にはたおやかな大日、左に剱岳とその北方稜線。なかでも異彩を放つのがピラミダスな釜谷山。

さて、ここに来て大熊山がようやく射程圏に入ってきた。1340Pからはしばらくなだらかな稜線、そして一旦下りの後、最後の登りとなる。だが、地形図上からはその下りの部分がキレットになっているような気配。行ってみなければなんとも言えないが、雪の着き方によってはそこが核心部となるような気がする。次回は3月、一気に陥せるか。

伊折から取り付き 45分、取り付きから1340P 3時間10分
1340Pから取り付き 1時間50分 伊折まで45分



















印刷用ページ このニュースを友達に送る