はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 大熊谷西山稜1340を過ぎて 2014/3/15
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-3-16 19:03:17 (362 ヒット)

今季5度目となる大熊谷西山稜。
天候が回復基調なので出かけることにした。だが、1340ピークを過ぎたころから、あたりは急に雲に覆われ始め、雪もちらつきだし、とても春山ハイクどころではなくなり、下山することにした。ところが、家路に着くころから、みるみるうちに雲が切れはじめ、青空を背景に剱周辺の山々がくっきり浮かび上がってきた。これだから、山はわからない。

いつものごとく折戸峠付近はスケートリンク状態。伊折には先客はなく、ただ県警の雪上車が定位置に停めてあった。剱センターへと向かう道すがら、晴れ間も広がってきて、春山気分に足も軽い。いつもの場所からエントリー。

いくらか雪は締まっているが、今日も一人、ラッセル、ラッセル。820台地を過ぎると、堅雪の上に10〜20センチの新雪が乗った急な細尾根が数か所出てくる。スノーシューにとっては最悪の状態。下りには難渋すること請け合いだ。吹きだまりのところでは膝上まで潜るし、陽の当たる側では適当に締まっていて歩きやすい、トラバースでは足元から雪崩れて行く場面もしばしば、誠に飽きさせない雪の状態だ。

1340ピークまでは、ときおり雲間から暖かな陽も射して、剱も見えていたりして春山満喫。だが、1340から先のなだらかな稜線に入った途端に、天候が一変した。ガスが巻き始め、風も出てきて、小雪も舞い始める。こうなると一挙に冬山に逆戻り。先ほどまでの余裕は全くない。視界不十分なら気力も急に失せていく。寒気と弱い気圧の谷の通過かと思ってみたりしたが、山頂まではあと1時間半〜2時間、いつ天候が回復するかもわからないので、ここで行動を打ち切ることにした。

下山にかかって、堅雪の上に薄い新雪が乗った斜面に出くわしたが、案の定危なっかしいことこの上ない。つぼ足となって蹴り込んで降りて行った。伊折に着いた時点でも、剱方面の山々は厚い雲に覆われていたので、下って来て正解だと思ってのだが、家に向かっていく道すがら、急に雲が上がっていって、しまいには完全な青空となってしまった。そして、家からは、その青空を背景にクッキリと映え渡った山々が臨めたのだった。

伊折から取り付きまで 45分 1340過ぎて引き返した稜線まで 2時間50分
取り付きまで1時間半 伊折まで45分












印刷用ページ このニュースを友達に送る