はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「義仲これにあり」 吉川永青 著 ★★★ 講談社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-11-22 18:46:41 (311 ヒット)

木曽義仲が生きた時代背景については、先に「木曽義仲」(松本利昭著)を読んでいたので、大体のことは掴めていた。なので、本作品にはすんなりと入っていくことができた。

近年、日本史研究が進み、私たちがガッコウで習っていたのと違う解釈がなされた場面にしばしば出会う。源氏についても、義仲賊軍、頼朝官軍という定説が怪しくなってきている。

本作品は概ね松本利昭氏の木曽義仲像を踏襲している。話の筋も松本氏の「木曽義仲」に沿って進められる。源氏の本流でありながら、「嫡嫡」でないための苦悩が義仲にはあったようだ。ゆえに「嫡嫡」の頼朝とは違った生き方を選ばざるを得なかった。

倶梨伽羅峠で平家に圧勝してから、京に入るところまでは勢いに乗った感がある。しかし、京に入ってから、後白河法皇と頼朝にいいようにやられ、あれよあれよという間に行き場を失っていく。何がどうなっているのか分らぬまま、気がついてみれば賊軍にされてしまっていた。そうなれば落ちていくのも早い。本当に一瞬を駆け抜けた武将だった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る