はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「漂泊の牙」 熊谷達也 著 ★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-12-27 17:25:39 (272 ヒット)

熊谷達也、初めての一冊。

もっとハードボイルド的な作品かと思っていたが、そうでもなかった。

そこにあるのは、雪、雪、雪そしてまた雪。ニホンオオカミとサンカをモチーフとしたミステリー仕立ての作品。巻末に添えられている参考文献の多さに驚く。その数々から著者のバックグラウンドがうかがい知れる。

絶滅したとされているニホンオオカミをいかに現代に引っぱり込むか、そこが本作品の興味の的。雪山で繰り広げられる追跡劇にページをめくる手が進む。ちょっと遊びが過ぎるのではと思わせられる筋立てもあるが、そこはすれすれの線でそうならずに済んでいる。

新田次郎文学賞を獲った作品だけのことはある。

印刷用ページ このニュースを友達に送る