はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「まほろばの疾風」 熊谷達也 著 ★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-12-31 17:49:30 (336 ヒット)

熊谷達也、二冊目。先に読んだ「漂泊の牙」がおもしろかったので、熊谷達也をまとめて読んでみることにした。

蝦夷の星「アテルイ」の物語。前作ほどのインパクトはない、というよりもややがっかり感が強い。全体を通しての筋立ては悪くはない、冒頭から受ける印象は期待感十分。だが、こまかな章単位の物語に予定調和が目立つ。会話、特に男性と女性とのやりとり、に違和感がある。山の描写や物語性に比べて交わされる現代口語調の「くだけた」セリフはこの作品ではアンマッチにしか感じられない。

はじめてアテルイの物語を読んだが、他の著者の作品ではどういう話になっているのか興味がわいてきた。次は高橋克彦の「火怨」でも読んでみよう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る