はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「相剋の森」 熊谷達也 著 ★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-1-30 17:11:11 (269 ヒット)

「相剋」という言葉の意味をググッてみると、「対立・矛盾する二つのものが互いに相手に勝とうと争うこと」とある。

現代においてクマ狩りは許されるのか否か。

舞台は、新潟県の北端、山形県との県境に位置する岩船郡山北町の熊田集落。そこに生きるマタギに焦点をあて、それを取材する女性ライターの「相剋」を描いている。

主人公の相剋は読者の心の内でもある。クマを生きる糧とした時代はともかく、現代社会においてクマは必ずしもそういう位置づけにはない。そんな中でクマ狩りを続ける意味があるのか。害獣駆除の名の下においての狩猟はどこまでが許容されるか。そういうことを主人公と一体になって考えさせてくれる。

熊谷達也の他の作品同様、どうでもいい話にスペースが割かれている。骨のある主題に添えた味付けがいかにも安易すぎて、定型的。しかし、この作品ではその「ブレ」はまだましの方。それでもこの作品を星三つとしたのは、やはり主題の物語が勝っていたからだ。終盤で繰り広げられる熊田集落に伝統的に受け継がれている「巻き狩り」の場面は読み応え十分。クマを追って仕留める興奮と臨場感に浸る。

なぜ「クマを狩るのか」、それは理屈や言葉で表せるものではなく、そんなのはどうでもいいことのように思えてきた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る