はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「火怨」 上・下 高橋克彦 著 ★★★ 講談社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-3-11 19:05:15 (268 ヒット)

熊谷達也「まほろばの疾風」続きで手にとった。

梁山泊と宋軍との戦いを彷彿させる。もちろん蝦夷が梁山泊で朝廷の征東軍が宋軍。

東北の人にはそうでもないのかもしれないが、桃生、小田郡、多賀城、名取、胆沢、衣川など拠点となる地名が多数出て来て、地理的地勢的背景が分かっていないと、度々繰り広げられる戦に今一入り込めない。

梁山泊同様、朝廷軍が軟過ぎて、簡単に蝦夷の作戦にはまってしまう。蝦夷は百戦百勝。それでも朝廷は数を頼りにおろかな行為を繰り返す。蝦夷を治めたとされる坂上田村麻呂すら最後には蝦夷の雄アテルイの戦術にはまってしまう。
闘わずしていかに勝利を治めるか。それを突きつめた蝦夷側に大儀があったようだ。

年号や事象ばかり暗記するのではなく、そこに至った過程を探り考えることが歴史を学ぶことの醍醐味。中学、高校の「日本史」も、もっとそうゆことに重点を置いて授業をしてもらい。

印刷用ページ このニュースを友達に送る