はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : かみさんと小鹿熊山 2015/3/15
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-3-15 18:30:58 (345 ヒット)









かみさんに誘われて小鹿熊山へ行ってきた。

どこから仕入れてきたか知らないが、行ってみたいのだと言う。
この山域はほとんど土地勘がない。そこでネットで評判の山屋さんに問い合わせ、道路状況、取り付きなどの情報を得てから山に向かった。

聞いていた通り布施川ダムまで車が入り、数台の駐車スペースがあった。準備中にスノーモビル隊数人が集まって来た。山の中をかっ飛ばし、山中で宴会をやるのだそうだ。後で地図を広げてみると、片貝に抜けるまで適度な傾斜の山がうねりを成していた。アップダウンがあってもスノーモビルなら快適なツーリングが楽しめそうだ。こんな遊び方もあったのかと感心した。

さて、小鹿熊山は布施川ダムからは目と鼻の先。9時半出発なので、すでに雪は腐りかけている。早朝ならもぐらないのにと思いながら緩やかな杉の植林帯を行く。烏帽子へと向かう尾根の末端が降りてきている分水嶺に出てから左にルートをとる。一登りで小鹿熊山山頂台地に着く。なだらかなその台地は山全体が植林されたてっぺんにあり、杉の木も大きく育って眺望も悪く、また何処が山頂なのか判然としない。

このルートは烏帽子から僧ヶ岳に向かうための良いアプローチと感じた。

行動時間 4時間



印刷用ページ このニュースを友達に送る