はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「女たちのジハード」篠田節子 著 ★★★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-4-6 18:47:38 (274 ヒット)

今ならば「ジハード」という言葉を本の題名に使うのはちょっとはばかられるかも知れない。9.11以後、「ジハード」という言葉には神経質にならざるを得ない。

ただ、この小説において、「ジハード」には「聖戦」という意味合いなど全くなく、奮闘とか努力といった意味になるのだと思う。ただ単にゴロ合わせがいいから使われたのだろう。「女たちのジハード」、良い響きで、読む気をそそられる題名だ。これが「「女たちの奮闘」とか「「女たちの努力」という題名だったら興味がわかなかったかもしれない。

さて、物語はテンポがあって小気味いい。しかも痛快な筋立て。第一印象は「女性版半沢直樹」といったところ。バブル後のOL達の生活を軽妙なタッチで描いている。5人のOLが悩みや困難に直面しつつそれぞれのやり方で奮闘努力しながら前に向かって進んでいく。あと味すっきりとした読後感。

読み終えてから、表紙カバーになにげなく目をやると、カラフルなトマトが描かれていた。そのトマトに物語の中で登場するOLの名前「risa 、yasuko 、saori 、noriko 、midori」がラベルしてあった。表紙絵の遊び心に座布団一枚。

印刷用ページ このニュースを友達に送る