はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「米中開戦」全4巻 トム・クランシー 著 ★★★ 新潮文庫
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-6-1 20:50:38 (239 ヒット)

今、巷を席巻している一番の話題は「ドローン」。

トム・クランシーの作品の中で原爆製作過程を描いたものがあった。そのときは「こんなに簡単に作れるものなのか」と思ったものだ(プルトニウムやそれなりの設備、工作機械が必要ではあったが)。それから幾年もたたないうちの「ドローン」の出現。IT技術の進歩がそうさせたのか、他の技術革新が著しいのか、無線操縦飛行機は小型軽量化しその進化は著しい。しかも安価で誰でも手に入れることができる。それをテロに悪用しようと思えば出来ないことはない。
当局がこれに警戒を示しているのも無理のない話。

本作品ではドローンの代わりにアメリカの無人攻撃機が悪者に利用される。中国がサイバー攻撃によってアメリカ側の操縦を無力化し、テロの道具としてアメリカに攻撃を仕掛ける。

いわゆる「脅威」の対象としての中国を取り上げ、これまでの「イスラム悪役」「ホームググロウン・テロリスト」路線とは一線を画している。

物語を形成するバックグラウンド(中国のサイバー部隊)の物語と描写が緻密で、トム・クランシーの面目躍如といったところ。ふむふむと引きつけられるようにして読んでいく。これでこそトム・クランシーと思うことしきり。ライアンと中国総書記とのホットラインでの読み合いも見もの。

ジュニアを取り巻く物語もライアン・シリーズに馴染んできて、クラーク、シャベスにメアリ・パットも登場し、CIA要員のはらはらする物語も加わって、おもしろさてんこ盛りの作品であった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る