はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
心房細動な日々 : まだその症状が心房細動とは知らなかった頃の話(その3)
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-6-22 18:54:44 (270 ヒット)

2011年に入ってから、山で発作が頻繁に出るようになってきた。しかし、山に行くと必ず出るというのではなく、なにごともなく下山に至る場合もあった。そして、これまで起こった発作にいくつかの共通点があることが分かってきた。

^貪个蠅靴董一本休憩をとった後の歩き始めに出る場合が多い
休憩時に食事をとった後に出やすい
5淌个鬚海覆靴晋紂△舛腓辰搬を止めて息を整えた後の出だしに起こる場合がある
いい困譴両豺腓癲何の前触れもなく急にやってくる。脈拍150〜200。全身虚脱状態で足が上がらない。めまいと吐き気。地面に引きずり込まれるような恐怖感に襲われる。
ィ隠亜腺隠喫で発作は一旦収まる。
グ貪挌作が起きると、一休みしても、再び登り出すのは不可能。動悸が収まったかのように思えても脈がばらばらで、登りだすとすぐにまた発作を起こしてしまう
山を中断し、下山にかかると症状は一気に回復していく。出発地点まで戻って、車で帰路に着く途中もなんの問題もない。
Р箸肪紊い討發覆鵑両評もない。酒を飲んでも脈拍は普段通り
日常生活では全く問題がない。ランニングやジムでの自転車漕ぎでかなり心臓に負荷をかけても問題はない

山で発作が必ずしも起きるとは限らず、しかしながら、なんとなく体に異変が起こっているのではないかと感じながらも、だましだまし山に入っていた。山のことは山で解決すべきと思っていたからだ。

印刷用ページ このニュースを友達に送る