はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「風の陣」全5巻 高橋克彦 著 ★★★ PHP出版
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-6-26 18:29:26 (263 ヒット)

東北に興味を魅かれるようになったのはいつの頃からだったろうか。

たぶん「晴子情歌」に始まる高村薫の青森三部作を読んでいた頃からだと思う。東北、それもその最北端に巨大な勢力と権力を持つ豪族がいたというのが驚きでとても新鮮だった。青森に豪族がいてもなんら不思議ではないのだが、それまで東北史については皆目というかゼロに近い認識かもっていなかった。ただ漠然と地理的なイメージの青森が頭の中にあっただけ。

加えて、山の本繋がりでマタギ作品に出会い、それが熊谷達也に繋がり、「アテルイ」へと繋がっていった。「アテルイ」は高橋克彦の東北シリーズに繋がり、「火炎」、そして今「風の陣」に辿りついた。

一方、北方謙三の「大水滸伝」では、宋の時代、梁山泊と奥州藤原氏の交易の場面が一つの物語を形成し、物語全体を支えていた。もともと奥州藤原氏の栄達に疑問というか興味があって、長い間自分の中にくすぶっていて、いつかそれを見極めたいと思っていた。そこにきての「大水滸伝」、ますます自分の中に占める奥州のウエイトは重くなっていった。

さらに、高橋克彦氏の伝奇小説「総門谷」シリーズは以前からお気に入りの一つで、そこに登場する坂上田村麻呂らが生きた時代に入ってみたかったということもある。「火炎」「風の陣」を読み終えて、もう一度「総門谷」を読み直してみたいと思っている。

さて、「風の陣」 
4巻まではほとんど京を舞台に物語が展開する。蝦夷でありながら京に食い込んだ道嶋嶋足に物部氏と坂上苅田麻呂を加えたチームが、京の公卿、朝廷、藤原仲麻呂らと権謀術数に富んだやり取りを繰り広げる。中盤からは怪僧道教も登場し、朝廷の権力闘争に複雑さが増してくる。5巻に入ってから物語は一気に加速。蝦夷は朝廷とは一線を画した独自路線を貫くという思いを秘めつつ、表面上は朝廷に恭順する姿勢を見せていたが、朝廷のあまりにも蝦夷を蔑視した言動と理不尽な上から目線の態度に、ついに堪忍袋の緒が切れる。プライドを傷つけられた蝦夷は鮮麻呂を中心に決起を図る。

「火炎」の前哨戦となる物語。

印刷用ページ このニュースを友達に送る