はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「ゴースト・スナイパー」 ジェフリー・ディーヴァー 著 ★★★ 文藝春秋
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-8-31 17:47:51 (242 ヒット)

作者のデータ・マイニングをテーマとした作品が出されてから、まだいくらも経っていない。つねに旬なテーマで挑戦しなければ読者はついてこない。そんなあわただしい世の中になった。

今回のテーマは「ドローン」。今やハッキングとドローンとデータ・マイニングはテロリストと推理小説家にとっては必需品になった観がある。しかし、ただドローンや無人攻撃機を登場させただけでは目の肥えた読者は満足しないだろう。

今回の作品はその辺に苦労した跡が見うけられる。布石したいくつものプロットがあとから生きて来るように仕組まれている。データ・マイニングがこの手の小説では当たり前のこととなった今では、本作品においては空気を吸うがごとく捜査の基本中の基として扱われている。作者のデータ・マイニングをテーマとした作品を手にしたときは、これはすごいことになっている、と目から鱗の衝撃だったが、今では作品の中でさらりと描かれている。

確かに推理小説としてはよく出来ている。旬なテーマ探しもいいが、もう少し人間に趣をおいたずしりと重い作品を読んでみたい。作者の初期の頃の作品にはそれがあったような気がする。

印刷用ページ このニュースを友達に送る