はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 僧ヶ岳「ハセンバ」を求めて 2015/10/15
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-10-18 20:54:25 (221 ヒット)

僧ヶ岳に登るのは2010年の夏、シラネアオイに逢いに行って以来。それまでは夏冬と幾度となく訪れていたが、しばらく遠のいていた。今回は、ハセンバなる木の実を求めて入ることにした。2年前にも違う山に探しに入ったが、見つからなかった。

「ハセンバ」と聞いて、なんのことか答えられる人はまずいないと思う。私自身2、3年前に初めて知った。このハセンバ、調理をしなくても食べられ、しかも美味ということから、興味も一段と増した。ハセンバというのは五箇山方言らしく、その語源を求めてネット上を探し回るが、なかなかヒットしない。そこで、県立図書館に出向き、五箇山関係の書籍を調べることにした。みつけたのは、薄っぺらな五箇山方言の小冊子の中でだった。「ハセンバ=はしばみ」という記述を探し当てたときには、「やった」という気がした。

日本ではツノハシバミとう名で通っていることが多く、早い話がヘーゼルナッツの仲間。ヘーゼルナッツが日本にあること自体驚きであったが、昔から普通に食べられていたことを知って、また驚き。知らない世界への扉がまた一つ開いたことに触手が動いた。

山は紅葉真っ盛り。ハセンバへの期待も膨らむ。だが、しかし、それらしき木はあるのだが実が全く付いていなかった。ドングリやブナの実がたくさん落ちていたので、もしかしたらハセンバの実も落ちてしまっていたのかもしれない。あるいは裏年だったのか。もっとも現物をまだ見たことがないので、ただ見逃していただけなのかもしれない。また来年に期待することにしよう。
登り2時間50分、下り3時間30分
























印刷用ページ このニュースを友達に送る