はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「国を救った数学少女」 ヨナス・ヨナソン 著 ★★★★★ 西村書店
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-10-27 18:10:58 (202 ヒット)

スウェーデンの作家の作品はステーグ・ラーソンの「ミレニアム」以来。「ミレニアム」は至極のミステリーだった。それ故に、彼の次の作品を読んでみたかったのだが、ステーグ・ラーソンは「ミレニアム」執筆中に帰らぬ人となってしまった。

一方、この小説ははちゃめちゃコメディ。久しぶりにこんな作品に出逢った。浅田次郎の「きんぴか」以来かもしれない。ちょっとだけマジックリアリティの匂いがしないでもないが、全編、ユーモアと風刺にあふれ、一ページに一回以上は必ず笑わせてくれる。

1961年、南アフリカ生まれの少女、ノンベコが主人公。ちょっとお堅い題名だが、中身は「ノンベコと愉快な仲間たち」といったほうがふさわしい。スラムに育った少女に災難が次々と降りかかってくる。それもおバカな脇役たちが運んでくるのだが。ノンベコはその災難をさらりと福に転じて乗り越えていく。その小気味よさたるや、痛快そのもの。

作者はコメディに仕上げているが、扱っているテーマは人種差別問題、核兵器、君主政、ファシズム、共和制、共産主義と多岐にわたる。それらを「ノンベコと愉快な仲間たち」が繰り広げるドタバタ劇で表現している。

物語が始まってすぐ、学校にろくに通っていないノンベコが計算をやってのける場面が出てくる。95掛ける92を問う問題だ、これをノンベコが次のように計算する。この解の導き方がさっぱり分からなかった。

「95は100から5、92は100から8を引いた数でしょ。5と8を足して100から引くと87でしょ。そして5かける8は40でしょ。87と40で8740よ」

印刷用ページ このニュースを友達に送る