はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : ナメコのこと
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-11-20 18:11:35 (210 ヒット)





11月16日と18日に続けて山に入り、ナメコの生態について気付いたことのメモ。

今年のナメコは例年より一足早く、9月中旬に出始めた。しかし、その後乾燥続きで全く気配なし。11月に入ってからも不作が続いた。しかし、第二週あたりから雨もぽつぽつ降り始め、第二陣が息を吹き返した。しかし、雨は降ったものの、気温が高めで、急成長したナメコは傷むのも早かった。16日に山に入ったときは、大きく5センチ以上に笠が開いた旨そうなやつが五万とあった。しかし、そのほとんどは傷んでいた。気温が高めの時は、早めに採らないといけないみたい。そして14日の雨で第三陣が出初めてきたようだ。大きく開いてはいるが腐ったナメコがある一方で、別の朽木にはまだ小粒の幼菌がたくさん見られた。その幼菌は採らずに残して来た。

そして、18日再び山に入った。二日前に見た幼菌がどうなっているか気になってしかたがなかった。幸いというか、この二日間、気温も幾分下がり、雨もある程度降った。18日も朝から天気はぐずついていたが、晴れ間も見られそうな雲行きだったので、仕事を早めに切り上げて山に向かった。二日前は笠の直径が1センチかそれ以下だったのが、2センチから3、4センチにまでになっていた。質量にすれば10倍以上にはなるだろう。二日間の雨と冷え込みがナメコの生育には良い条件となったようだ。あと二日から三日もすれば、極上の開いたナメコになると推定される。これからは山の湿度もある程度確保され、気温もそうは上がらないので、やっと本来のナメコの時機到来といったところだろう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る