はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「ハゲタカ」真山仁 著 ★★★ 講談社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-11-25 18:23:11 (188 ヒット)

これまでは真山仁の比較的新しい作品群を読んできた。ここにきて、ようやく彼がブレイクするきっかけとなったテレビドラマの元となった本作品を手にした。あれだけ世間を騒がせた作品とはどんなものなのか、さて・・・。

プロットの仕込みや物語の展開は申し分なく、すぐれたエンターテイメント作品と言える。だが、それ以上のものではなく、心に染みいる余情に欠ける。それはこれまで手にしてきた作者の作品すべてに共通する点だ。また、最後の詰めも甘い。鷲津の亡父が知り得た謀略が終盤になって明らかにされるのだが、そこのところの説明が不親切とうかおざなりというか、手抜きという感じがした。
同じ金融をモチーフとした作品を描いた池井戸潤とはやや趣が異なる。当然といえば当然のことなのだが、自分としては池井戸の作風に魅かれるものがある。

印刷用ページ このニュースを友達に送る