はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「中原の虹」全四巻 浅田次郎 著 ★★★★★ 講談社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-12-6 17:57:14 (212 ヒット)

満州のことを知るなら、清のことを知れ、清を知りたければ、中国の歴史を知れ。

かみさんはこの題名を「ナカハラノニジ」とのたまった。
ユン・チュアンの「西太后秘録」を読んでから、昔読んだことのあった「蒼穹の昴」「珍姫の井戸」を再読し、そして待望の本作品。

文句なく面白い。先ずは読んでみるに限る。
清国の滅亡とともに中国五千年の永きに渡って続いてきた王朝支配の末期を浅田節にのせて綴っている。主人公は張作霖と袁世凱。もちろん脇役も固い。

うまくできているのは、清の礎となった女真族が長城を越えて征服王朝となり明王朝にとって代わる物語が清王朝終焉の物語と重ね合わせて描かれている点である。清国を築き上げたアイシンギャロの勇士たちの苦悩と清国の最期を間際にして列強から食い物にされまいと必死の抵抗を試みる人々の心の内がうまい塩梅で描かれている。そして、やや唐突にさえ思え、独立独歩の道を歩む馬賊の張作霖が文字通り暴れ馬のように物語の中を縦横無尽に駆け巡る。

自分がほとんど知らなかった清王朝の勃興と中国王朝の最期はこんなであったかと、私の中の中国の歴史認識が上書きされた一冊であった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る