はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「精鋭たちの挽歌」長尾三郎 著 ★★★★★ 山と渓谷社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-12-13 17:46:34 (259 ヒット)

本の帯には『1983年10月8日、運命のその日、エベレストで何が起こったか 世界最高峰の無酸素登頂に挑んだ二つの日本隊。一つの頂点を目指した男たちの生きざまを追う』とある。さらにあとがきの中で『尖鋭的な登山に挑戦した日本屈死のクライマーの栄光と悲劇。イエティ同人と山学同志会が頂上にアタックした日、チベット側から登って来たアメリカ隊がこれまたエベレスト頂上直下で遭遇、日米三隊がかちあい、エベレスト登攀史上空前の登頂ラッシュとなった』と書き記されている。
1983年といえば、自分が山を始める前の年。それまで山にはなんの興味もなかったので、エベレストで起こったこの日の出来事は全く知らなかった。山を始めてから、山の本にも目を通すようになって、そのとき手にしたこの本を通して、初めてその惨劇を知ることになる。
その日の出来事を詳細に追うだけでなく、生と死の運命を分けた男たちそれぞれの山と歩んできた“人生=生きざま”を描いている。人生の不思議は時として何かが起こることが帰結されるかのように刻まれることがある。それまでやってきた何か一つが欠けても、その結果には至らなかったであろうということが起こり得る。そんな思いにさせられた一冊だった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る