はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「キロ・クラス」 パトリック・ロビンソン 著 ★★★ 角川書店
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-2-20 17:52:26 (143 ヒット)

キロ・クラス潜水艦を描いた小説の第二作目。
前作「ニミッツクラス」で登場したキロ・クラス潜水艦を巡って、アメリカと中国が対峙する。
中国がキロ・クラスをロシアから購入し太平洋に配備する。それを脅威と感じたアメリカが新たなキロ・クラス配備前に破壊するという、やや強引な筋立て。なんで配備しただけの潜水艦を破壊するのか、ましてや運搬途中や、製造途中のものを闇に葬り去るという設定がどうにも納得できない。キロ・クラスを仕入れただけの中国は何も悪いことをしていない、そんな設定が唐突に思えるのは私だけではないようだ。事実、あとがきに、本作品の作者にアドバイスをしたというアメリカのジョン・ウッドワード提督は以下のように述べている。『本書でくりひろげられる事件は、はじめのうちは受け入れがたいかもしれない。七隻の潜水艦の納入を防ぐために、アメリカがロシアや中国に対してこのような行動をとることがありえるだろうか、という点がである』『浅く考えるなら、無鉄砲な過剰反応に見えるかもしれない。だが、熟慮すれば、さほど乱暴なことではなく、論理的であるとわかるはずである』

いくらなんでも、潜水艦を配備しただけでアメリカ善、中国悪、というこのシナリオは強引すぎるだろう。彼の国が準備中のロケットをそれが論理的だからといって脅威とみなし、アメリカが破壊することがあるだろうか。そんな行為にも等しい前提だから、かなりひっかかるものがある。

だが、その思いを途中で断ち切って、軍事ミステリーとして読むには快適な作品だと思う。

印刷用ページ このニュースを友達に送る