はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 腐っても中山 2016/4/4
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-4-10 15:06:14 (211 ヒット)













先日、馬場島へと今年の春の状態を確かめにいったが、天候がいまいちすぐれず、剱の雄姿が拝めなかったので、晴天が約束されたこの日、再び馬場島へと向かうことにした。

遠目には少し霞がかった山々も、その中に入ってみれば、澄んだ空気によく映えている。
一般道の尾根を行くのもつまらないので、中山の中腹に広がる雪の斜面から取り付くことにした。その雪もかろうじて辿れるほどの雪の量。踏み込むとズボズボの情けない雪。ワカンを持ってこなかったことを悔やんでもしょうがない。このズボズボ歩きはかなり疲れる。斜面はやがて一般道の尾根に吸収され、1100メートル地点に出る。そこからは山頂まで、剱を眺めながらの稜線漫歩。久しぶりの山に体は限界に達し、疲労困憊。なんとか息があるうちに山頂に着くことができた。迫力ある剱や周辺の山々の写真をたくさん撮って下山にかかる。

もと来たトレースに沿って取付いた地点までもどる。雪の量が少ないとはいえ、雪が融け始めた小川のせせらぎと水の輝きはまさしく春そのもの。青紫の色濃いキクザキイチゲが咲いており、ウコギも目を出し始め、雪の中に現れた楽園のようであった。

登り:ゲート起点 4時間 下り:2時間30分

印刷用ページ このニュースを友達に送る