はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「悲しみのイレーヌ」 著 ★★★ 文芸春秋
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-5-11 13:26:58 (181 ヒット)

ネット上の評価にはかなりばらつきがある。

日本では「その女アレックス」が先に出され本書が二冊目に出版された。だが、本国では本書が先で「その女アレックス」がその次の物語。「その女アレックス」がおもしろかったので、本書を手に取ったのがほとんどではないかと思う。自分もそのうちの一人。

日本での「その女アレックス」に対する評価はかなり高いものが目立つ。それと比較しての二作品目という意識がはたらくのかもしれないが、酷評は多い。実存するサスペンス小説を模した連続殺人を入れ子にした物語の構成=トリックが安易で陳腐過ぎるというのが酷評の主な主張。ただただ残虐さと性暴力の異常さに辟易した、との意見もある。

たしかに、残虐さと性暴力に関しては、過剰にすぎるという感が否めない。「悲しみのイレーヌ」という邦題にも違和感がある。それらを差し引いたとしても、刑事ものの小説としては並み以上の作品でないかと思う。

印刷用ページ このニュースを友達に送る