はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 快晴の大猫山 2016/5/14
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-5-15 16:25:09 (211 ヒット)

中天になる前には山頂に着いておきたかったのだが、着いたときは太陽が剱のほぼ真上にさしかっていた。雲ひとつない青空をバックに雪と岩の殿堂が正面にある。ただそれだけで十分なはずなのに、被写体となるとなにかものたりない。朝陽を浴びて、とまではいかなくても、右から射した光がうまく演出してくれる絵を期待していたのだが、1時間は山頂に着くのが遅かったようだ。

4月30日に来たときより、取り付き手前の橋の渡渉点は、水量も勢いも増していた。流されるほどではないので、ざぶざぶと一気に渡る。前回きたときに急登のことは頭に入っていたので、きょうは山全体を眺める余裕もあった。ピッケル、アイゼンを総動員して新雪に苦しめられた個所もきょうは乾いていてなんてことはない。大猫平までは完全な夏道。

雪はまだ緩んでいないので、アイゼン、ピッケルでその先を行くことにした。昨年暮れに買った長めのピッケルがここにきて役立った。実は、雪のない藪尾根でザックに結わえておいたピッケルが邪魔をして、もっと短いのにすればよかったかなと、後悔していたやさきだった。ポールでは心もとない堅雪での登りを考え杖代わりにと持って歩いていたのだが、これまで使う機会がなかった。

大猫平から山頂まではほどよい傾斜だ。あせらずゆっくりと雪歩きを楽しみながらいく。東芦見尾根と合流してすぐ、なだらかな山頂に到着。剱はもちろん、周辺の山々もくっきり見える。五竜や鹿島槍は意外と大きく、遠くは白山も薄らと目に入る。この上ない快晴の天上の楽園だった。

































印刷用ページ このニュースを友達に送る