はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「大岩壁」 笹本稜平 著 ★★ 文藝春秋
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-9-8 17:51:53 (159 ヒット)

うーん、この作家の作品には良いにつけ悪いにつけ驚かされる。
あまりにも作品ごとの完成度に差がありすぎる。
ナンガパルパットの登攀を通して、なぜ人は山に登るのかという永遠のテーマに迫ろうとしている。
フリーソロで登ろうが、極地法を用いようが、それは個人の問題であって他人からどうのこうのと言われる筋合いはない。山は結果がすべてだ、いや、挑戦する過程にこそ意味がある、そんな想いが全編を通して錯綜する。
「大岩壁」を描きながらも大岩壁のスケール感が全く伝わって来ない。全般的に予定調和の展開で、終わり方もその極地。残念を通り越して哀しくなってしまった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る