はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 晴れなのにずぶ濡れの大熊山 2016/9/10
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-9-16 13:38:04 (143 ヒット)

























家を出て、車で馬場島方面へと向かい始めたとき、山々は厚い雲で覆われていたが、伊折を過ぎたあたりから雲が上がってきて、小又川の林道に車を止めたときには、すっかり晴れ上がった上天気となっていた。

帰り、林道まであと100メートルくらいというところで木の根っこに乗って滑べり、両足揃えたまま仰向けにすっ転んでしまった。幸いザックが緩衝材になってくれたおかげで後頭部をぶたなくてよかったが、衝撃で頭が後ろにもっていかれ、鞭打ちのようなかっこうになってしまった。両足揃えたまま滑るというのもどうかと思うのだが、仰向けにバタンと勢いよく滑るというのも我ながらあきれてしまった。ふつう尻から落ちるか手をつくかするだろう。中高年の山の事故というものは案外こうして起きるものなのかもしれない。若いころには考えられないところで、滑ったり、転んだり、転び方が変だったり。反射神経も確実に鈍っている。一般道であってもヘルメット着用ということを本気で考えてしまう。

この時期の登山は朝露で濡れた夏草や笹が一番やっかいだ。空はよく晴れていても、その露のおかげで着ているものはたちまち濡れてしまう。登山靴の中も同様。あらかじめ濡れることを想定している沢登りと違って、濡れて泥んこになりながらの山歩きはあまり楽しいものではない。特に大熊山の登山道は主稜線に出てからの道幅が狭く、背丈ほどの水気を含んだ笹が覆いかぶさってきて悲惨きわまりない。全身びしょ濡れになってしばらく歩いていたが、いくら行けども状況は変わらない。たまらず、ズボンとシャツを脱いで、カッパに着替えることにした。だが、そのカッパもこすれるようにして襲ってくる笹にたちまち防水性を失って、まるで雨の中を歩いているかのようだ。

その苦行は山頂直前のちょっとだけ開けた湿地帯まで続く。そこに出た瞬間、それまで藪で覆われていた視界が開け、周辺の山々が目に飛び込んでくる。ここで笑わない者はいないだろう。山頂では濡れた衣類を乾かしながら、晩夏とも初秋ともつかない山の世界に浸り込んだ。

いつだったか赤谷山に向かったときも朝露でびしょびしょになったことを思い出した。この時期濡れることを前提にした足回りや行動着がよいかもしれない。ヘルメットも用意しよう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る