はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「特捜部 Q キジ殺し」ユッシ・エーズラ・オールスン 著 ★★★★ ハヤカワ・ポケット・ミステリー
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-10-5 4:52:28 (148 ヒット)

「特捜部 Q」二作目。
北欧ミステリーには英米のものとは若干異質な雰囲気がある。どこがどう違うのか、もやもやとした霧のような感覚が頭にあるのは確かで、うまく表現しきれないのをもどかしく思う。
最近、寄宿学校や不遇な子たちの預け入れ施設をモチーフとした作品に出くわす。偶然なのかそれとも今流行りなのか。あるいはたまたま手にとった作品がそういうもので占められていただけなのか。事件の真相を追っていくと寄宿学校時代のある種の出来事が発端となっていることがわかってくる。それが、現在進行中の事件と同調・融合して物語に厚みを待たせている、といった具合だ。本作品もその一つ。
第一作「檻の中の女」でもそうであったが、デンマークの政情と警察組織の改変にともなうしわ寄せが末端にまで及んだというごたごたも織り込んであり、デンマークを身近に感じることに役立っている。これまであまり知らなかったデンマークという国、ウィキペディアで探ってみようという気にさせてくれた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る