はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「特捜部Q 知りすぎたマルコ」ユッシ・エーズラ・オールスン 著 ★★★★★ ハヤカワ・ポケット・ミステリー
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-11-3 18:10:57 (145 ヒット)

題名通り、ひょんなことから事件に巻き込まれてしまった窃盗グループの下っ端少年マルコ。事件の鍵を握るマルコの逃走劇が本作品のキモだ。

ユッシ・エーズラ・オールスン、5作目だが、これまでの作品で一貫しているものは「格差と弱者」へのこだわり。その思いは作品を通してひしひしと伝わってくる。本作品でもそれが大きな背骨となって貫かれている。ミステリーそのものはODAの不正が下地となっているが、興味をそそられるのはやはり幸福度世界一と言われる一方で「格差と弱者」のはびこるデンマークという国の不可思議さだ。彼の作品を読めば読むほどデンマークという国の知られざる側面に目がいってしまう。銀行の頭取と政府高官を巻き込んだ殺人事件はそれだけでもミステリーの主題に十分なりえるのだが、「格差と弱者」への怒りが根底に流れている彼の作品にあってはそれが副題となってしまう。

特捜部Qの刑事カールと彼をとりまく脇役達のコミカルかけ合いもなかなかの見もの。何よりまして、全編を通しての少年マルコの賢明でしたたかな活劇に心温まったのは私だけではないだろう。なんとも不思議な警察小説とあいなった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る