はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
富山のくすりの中の生薬 : ウイキョウ(茴香)
投稿者: hangontan 投稿日時: 2007-12-29 15:05:26 (925 ヒット)








ウイキョウの種子から作ったお茶(浸剤)はノドの痛みを取るうがい薬や去痰薬として有効とされています。 また、小児にも安全なため、ウイキョウの浸剤やシロップは、乳児の腹痛や歯痛にも用いられます

植物の特徴
全草独特の香りがある高さ2mにもなる多年草です。葉は互生し、深く切込むため葉身は糸状になります。夏に枝先に複散形花序を付け、黄色の小花を多数咲かせます。果実は卵状楕円形の双懸果実らせます。
生  薬
果実が黄緑色に変わり始めた頃に順次収穫し天日乾燥します。完熟した種子は二つに分かれ脱落してしまうか、黒変し、香がうすくなります。黄線色で粒が揃い、香の強いものが良品。精油成分アネトール、エストラゴール、フェンコン等を含有します。

薬効および使用法
約700tが輸入されていますが。その80%は香辛料として利用されています。薬用には20%が利用され、芳香性健胃、去疾、駆風薬として家庭薬に配合される他、漢方薬にも配合されます。

^唾羯供
やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症
神経性胃炎、 慢性胃炎、胃アトニー。
丁香柿蔕湯 
病後または体質虚弱なもののはれもの次の諸症:しゃっくり、胃腸虚弱。


地中海沿岸や西アジア原産といわれ、古代エジプトではすでに栽培されていました。古代ギリシアでこの植物をマラトンとよんだとされ、マラソン発祥の地に群生していたとも、またギリシア語のマラノ(やせる)に由来し、ダイエツトに利用していたからだとも伝えられています。ハーブ英名のフエンネルはラテン語のフエネム(乾草)に由来し葉が細く、乾草に似ているところか名付けられました。
 中国に伝わったのも早く、かい香子の名で唐代の『新修本草』に収載されています。李時珍は「・・・・に懐(い)れて咀嚼する風習がある。かい香なる名称は或は此から出たものではないかと思ふ」といい蘇頒は「かい香は北方では一般に茴香と呼ぶ」といい同音の茴(かい)を使うようになったものと思われます。
 日本には平安時代に渡来したようです。日本名の発音「うい」は茴の唐音から、香(きよう)は漢音からとられたようです。古い作物で各地に伝播したため、現在栽培されている種は幾つかの亜種に分かれています。現在日本で栽培されている種はイタリア北部に分布し、苦味のあるフェンコンを含有するため苦茴香と呼ばれています。イタリア南部に分布する種はフェンコンを含まず、甘いため甘茴香、イタリア南部からアフリカ北部の草丈の低い品種はエストラゴールを主成分とする種で、根出葉の基部が肥大し、食用にも利用されるイタリア茴香、インドに産するインド茴香は精油成分が著しく少ない種です。

印刷用ページ このニュースを友達に送る