はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
富山のくすりの中の生薬 : ヒキオコシ(延命草)
投稿者: hangontan 投稿日時: 2008-3-16 17:59:02 (861 ヒット)








日本の民間薬で数百年前から小豆島の寺院でエキスで作った癪(しゃく)等に効く薬としてお遍路さんに分けていた記録があります。また、江戸時代の本草書「和漢三才図会」(1713年)には「行者が山中で腹痛をおこしている所に弘法大師が通りかかり、道端のこの草の汁を口に含ませたところ、病が癒えたことより延命草と名付けた」とあり、また「俗に言う比木乎古之(ひきおこし)のことで、引起こすことから名付けられた」とあります。当に名前が薬であることをあらわしています。 

苦味性の健胃剤で、その成分は40万倍に薄めてもまだ苦味があると言われ、リンドウ科の生薬に比べても劣らない薬です。薬が足りなかった戦中の「日本薬局方」5局に収載されましたが、苦味成分がアルカリ性に弱く、制酸剤との配合ができず6局から削除されました。

植物の特徴
北海道南部から九州の太平洋岸の日当たりの良い乾燥地に自生する、シソ科の多年草です。根は大きい塊状で木質化し、四角の茎は約1mに達し、叢生します。秋に淡紫色、5〜7个凌鮎花を多数、まばらに咲かせます。同属で日本海側に自生するクロバナヒキオコシも同様に薬用にします。名前のとおり花冠が暗紫色であることが異なっています。同属植物のカメバヒキオコシやヤマハッカ、ミヤマヒキオコシ、アキチョウジ等は苦味が薄く使うことはありません。

生  薬
秋に地上部を刈取り、陽干します。鮮緑色で苦味の強いものが良品です。主成分はジテルペノイドのエンメインで、他にイソドカルピン、ノドシン、オリドニン等が含まれています。

薬効および使用法
苦味性の健胃剤として重曹等アルカリ性薬剤が含まれていない製剤に配合されます。民間薬としての利用も多く、消化不良、食欲不振、腹痛に1回量2〜3gを煎じて服用します。また、エンメイン、オリドニンには抗腫瘍作用、抗菌作用があります。

印刷用ページ このニュースを友達に送る