はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
サプリメントの話 : ブルーベリーエキス&イチョウ葉エキス
投稿者: hangontan 投稿日時: 2006-11-19 16:47:11 (754 ヒット)

優れた機能性からいずれもヨーロッパでは『メディカル・ハーブ』として確固たる地位を築いていますが、最近ではこの二つの素材の相性が抜群に良いことから、そのブレンド効果に関心が集まっています。

■ブルーベリーの果実にはアントシアニンという濃い紫色の色素が含まれています。アントシアニンには、光の刺激を電気信号に変えて視覚情報を脳に伝える役割を担っているロドプシンの再合成を促進する働きがあります。優れた視覚・眼精疲労改善作用などから、イタリアやフランスでは、眼科領域で医薬品として広く使用されています。日本でも視力回復をはじめ、頭痛や肩凝り等にもつながる眼精疲労を改善する素材として注目されています。近年では毛細血管保護機能や活性酸素除去機能、粘膜や血管を強化する作用なども解明されています。

■イチョウ葉エキスは「生きた化石」とも呼ばれ、これまでの研究から特殊なフラボノイド類やギンコライドなどのテルペン類を豊富に含み、血管拡張作用をはじめ脳血流の改善・促進などに優れた作用を示すことが明らかとなり、ヨーロッパでは医薬品として繁用されています。

■ブルーベリーエキスとイチョウ葉エキスには、いずれも動脈硬化やガンなどの原因とも言われている「活性酸素」を除去する働き(抗酸化作用)があり、その力はビタミンCやEをはるかに上回ることが確認されています。現代人を取り巻く生活環境(パソコンやTVゲームの普及)は大きく変化し、目と脳には大きな負担が掛かっています。そのような意味からもブルーベリーエキスとイチョウ葉エキスを組み合わせたブレンド効果に高い関心が寄せられています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。