はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「ゴールデン街コーリング」 馳星周 著 ★★★★★ 角川書店
投稿者: hangontan 投稿日時: 2019-2-19 10:24:20 (35 ヒット)

地元紙に紹介されていた一冊。すでに借り手がついているではと思ったが、ラッキーなことに書架に並んでいた。冒頭からぐいぐい引き込まれ、ボス缶2個飲み終える頃には読み終えていた。

「不夜城」に代表されるようなジェイムズ・エルロイ的なノワール世界は微塵もない。浅田次郎と石田依良を思わせるタッチはとても読みやすい。作品の中で主人公が、平井和正の作風が途中からガラっと変わって以降興味が薄れていった、という記述があるが、この作品を通してノワールから大きく方向転換した馳星周とダブって見えた。読みやすく大衆受けするのは本作品のようなハートウオーミングな物語なのだろうが、「不夜城」みたいな得体のしれないブラックな世界を作者に期待してしまうのは私だけではないと思う。

ともあれ、読者の多様性に作家の多面性がうまくマッチした良作なのは間違いなく、そのうち、映画かテレビドラマ(NHK)になるかもしれない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る