はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-9-7 16:17:58 (12 ヒット)

バスク人、バスク地方の特殊性に目をつけて、それから話を膨らませていった物語。いわゆる「バスク」はスペインとフランス国境の両方に存在するということを初めて知った。バスクはそういう微妙な位置にありがながら、独自の文化を築き上げ、それを守ろうとしている。

物語は、スペインの中央政府からの独立を目指して武力による革命を探る組織とそこに紛れ込んだ日本赤軍からの協力者を主題としている。巷では日本人とバスク人には共通する点が少なからずあるという話だが、この物語を読めばなるほどと共感できる面も見いだされる。


冒頭からテロ組織、日本赤軍と出てきて、世紀末のノワール作品を想像していたが、その期待は見事に裏切られた。犯人捜しの部分もある程度予想できる範囲内で、テロ行為という破壊的思想とは裏腹に、物語としての破壊性はない。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-23 16:25:56 (14 ヒット)

この作品を発表したのは作者が御年80歳のとき。おいおい、まだやっているのかという気持ちもあって手に取った。
読者を騙す手口はフォーサイス先生お手のものだが、今回は英国のコントローラーが敵対国を騙して混乱させる物語。それも、さらっとやってのける。さすがに布石を散りばめた理詰めのスパイアクションは、無理なのかなと感じた。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-23 16:24:48 (16 ヒット)

馳星周が動物本で直木賞を受賞するなんて、初期の頃のロワール作品を知っているものなら誰が予想できただろうか。近年作者の作品の題材はもっぱら山や自然そして犬となっている。その犬を題材とした作品の一つ。この作品で「犬の十戒」というものを初めて知った。
犬と飼い主との様々な関係、場面を取り上げた短編集。作者の犬への接し方が伝わってくる。物語的には深堀りはしてないが、乾ききった心を湿らせてくれる要素は十分にある。直木賞に至るまでの痕跡をしばらくは追ってみたいと思う。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-23 10:50:28 (22 ヒット)

先日探し当てたウメバチソウ。ならば、高度が同じくらいであれば他でも咲いているのではと、山一つ隔てた谷に行ってみた。

目当ては標高1000メートルくらいの水場がある場所。見当をつけてその辺を歩いてみたら、何やら白っぽい花が草地の中で群生しているのが目に入った。もしやと思って、近くに寄ってみてびっくり、そこは一面ウメバチソウのお花畑だった。それもかなり広い範囲。これは驚愕としか言いようがない。

けっして水場があってぬかるんでいるわけではないのだが、園芸用に使う鉢底軽石くらいの大きさの礫岩が堆積した上に苔が生えていて、そこにウメバチソウが乗っかっているような感じ。多分谷筋であるため、しみ込む水がなくとも常にある程度の湿度が苔を生えさせているのだと思う。腐葉土の層がほとんどないため、他の雑草が生えない環境にある。だから、風に揺られている白いウメバチソウはひときわ目だつ。

たぶん、他の谷でも標高1000〜1500の間であれば、8月下旬ごろから9月にかけて普通に見られるのかもしれない。人があまり入っていなければの話。

涼しげで、清楚な花は、見ていて飽きることがない。高山に行かなくても近くで見られる佳い花だと思う。




















投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-20 15:54:28 (22 ヒット)

先日見かけたウメバチソウの植生を確かめに行った。そしたら、あった、あった、あっちにもこっちにも。先日一株しか見つけられなかったのはちょうど咲き始めだったからなのだろう。滝場のしぶきが降りかかるそちこちに咲いていた。今年はいろんな発見があった年。初めて見る山野草をに幾度も心を躍らせた。

30年前ならこんな風にして山と接していなかった。ひたすら突っ込んでいただけ、目に写るわけないわな。
























投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-20 14:57:16 (25 ヒット)





















雷岩へと向かう道は大きく変わった。その昔、小窓尾根、池ノ谷を目指した頃はほとんど白萩川沿いのかすかな踏み後を辿り、状況によって高巻、渡渉、へつり、などほぼ水線通しで雷岩付近まで行った。それがけっこう楽しかったりもした。小窓尾根の核心部はこの過程にあると言わしめたほどの道順であった。それが今やほとんどの者が最初から高巻道を使って雷岩に向かうようになった。今回、その高巻道の様子を確かめに行くことにした。

道中はほとんど陽が当たらず、朝露がパンツを濡らす。盛夏ならかえって気持ちの良い濡れ具合。道はうまく付けられていて、なんなくゴルジュ正面近くで一旦河原に降りるがすぐにまた左へと道は進み、一尾根超えて雷岩の河原に降り立つ。渡渉して小窓乗越へのルートを探してみたかったが、水の勢いが激しく、ジャンプして滑るのもいやなので、止めることにした。

河原沿いにちょっと歩くと、きれいな蝶が葉っぱの裏で羽を広げて休んでいた。大きな羽にはステンドグラスのような縁取りがあり、逆光に透き通って輝いていた。そういえば道中この蝶が好むフジバカマに似た花がたくさんあった。そして、足元を見ると、どこかで見たことのあるウメのような小さな白い花が目に留まった。葉っぱの形状から多分ウメバチソウ。となれば他にも咲いているかと、周辺を探したか、咲いていてのはその一株だけだった。近いうちに、また確かめに来なければいけないだろう。

取水口起点 1170まで2時間 帰り1時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-18 11:32:57 (18 ヒット)

「南総里見八犬伝」を読んだとき、いまいち時代背景が分からなかったので、その辺をもうちょっと掘り下げようとして、手に取った一冊。
南北朝の頃も複雑極まる時代だったが、室町後期はそれに輪をかけて混沌としていた時代だった。御所を取り巻く京都周辺の乱れのことは別に置くとして、関東では、古河公方、鎌倉公方、関東管領、山之内上杉、扇ケ谷上杉らが骨肉相食む争いを繰り広げていた。敵味方の入れ替わりが激しく日常茶飯事。節操も何もあったものじゃない。人も時代も大うねりの中、その乱れがどう収束してくかに興味が持たれるが、それは戦国時代まで待たねばならない。「南総里見八犬伝」はそこで起こった小さな戦から紬だされた、いわばスピンアウトした伝奇小説であった。
本作品の主人公長尾景信もまたその大きなうねりに翻弄された武将の一人。長尾家と上杉家との因縁の中に生き、この時代の一つの場面を切り開いた人。だがはやり、自分の中でのこの頃の時代認識が希薄なため、人物的にはよく描かれていると思う反面、どんな時代だったのか、そういう思いがどうしても頭からぬぐえなかった。そこで、以下の4冊を参考書として読み、おぼろげながらこの時代の輪郭を描くことができた、という次第。

「室町幕府と地方の社会」榎原雅治 著
「応仁の乱」呉座勇一 著
「観応の擾乱」亀田俊和 著
「越後上杉一族」花ケ前 盛明 著


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-15 19:03:30 (18 ヒット)

ときとして、題名負けという作品に出合うことがあるが、この作品はそのタイトルを裏切らない。
それぞれの事情、思惑を持って研修目的のツアー登山にのぞんだ男女らが過酷な試練に遭遇する。最低限の装備と食糧で14日間山で過ごすというプランだが、山の中では想定外のことも起こりうる。そんなとき、登場人物はどう対処するのか、何を思うのか、実際に山を経験したものには我が事のように物語は進んでいく。自然描写が豊かに描かれていて、臨場感もスリルも申し分ない。サスペンスと山の融合に成功している秀作といえよう。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-15 19:02:00 (26 ヒット)

なんとなく八犬伝が読みたくなって、図書館で物色してみた。最初に岩波書店の文庫版が目にとまったが、原書に忠実なせいなのか旧仮名遣いでとても読みにくい。そこで、ネット検索で調べてみたが、これが意外と作品が少ない。結構人気があるはずと思っていたのは自分だけだったみたい。源氏物語や平家物語は新訳物にはことかかないが、八犬伝は選択肢が限られる。今回手に取ったものは原作に沿って書かれているが、ただそれだけの内容といえる。物語を膨らませるのは読み手の裁量に任される。ここはひとつ「新訳」というよりは「新解釈」として独自の物語性を持った作品を期待したいところ。誰かやってくれないかな。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-11 16:45:09 (24 ヒット)

家を出てから馬場島へと向かう道中は誠によい朝焼けの雲が出ていたのだが、近づくにつれて雲が剱の周りに固まりだしてきた。山頂に着いたときは剱周辺は厚い雲の中。粘って1時間以上山頂にいたが、すっきりとした眺望は見られなかった。

登山口起点 登り1時間20分 この日平地では38.9度を記録






















投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-8-6 14:40:21 (31 ヒット)

泊りで山に入ろうと準備を進めていたが、あまりの物資の多さに辟易して、面倒くさくなり、結局日帰りで大日に行くことにした。

登山道ではそれなりの数の人とすれ違う。驚いたのが単独女子の縦走者が数人いたことだ。雷鳥沢から、剱沢から降りてきた人、これから雷鳥沢、そして五色へと向かう人、でかいザックを背負っての単独行。まぁ、よくやるな、てな感じでおじさんは見ていた。

調子としては、きつ過ぎず、緩すぎず、リズムよく歩くことを心掛けた。それがよかったせいか、中大日までは息も上がることなく順調に歩けた。久しぶりに目に飛び込んでくる剱。これが見たさでここに来る。ただ、薄雲が張り付いていいて、青空をバックに黒々とした雄姿とはいかなかった。

大日小屋は完全休業。水も引いてない。チングルマは数が減ったような気がした。しかし、稜線上のちょっとした草原に見たことのない小さな薄紫の花が群生していた。帰ってから調べてみると、どうもサワランらしい。トキソウと同じ湿地帯に生えているのかと思ったら、そうではなかったようだ。

下り出してから、急にガスがわいてきた。私の後から稜線に立った人たちは剱は見られなかったことだろう。運がよかった。

登山口起点 登り4時間 撮影1時間 下り3時間






























投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-7-14 17:33:25 (24 ヒット)

第一部とは違って、スローなスタート。
ネット上の書評では前作を上回る高評価が多いが、自分的には前作の衝撃があまりにも大きかったので、★一つ落とす結果となった。

この作品で鍵となる「面壁者」が出てきてからも大きな展開はない。4人の「面壁者」の役目は敵からその真意を読み取られることなく敵に備えること。当たり前といえば当たり前のことなのだが、その時がくるまで誰の計画が功を奏するのか、あるいはすべて敵に知られてしまうのか、はたまた他の要素が加わってなるようになっていくのか、そんなことを思いめぐらせながら、読み進めていく。

そこで、頭に浮かんだのが「待てよ、これはハリ・セルダン予測に似ていないか」ということ。すなわち、人類が危機的状態に陥ったときその被害を最小に食い止める必然的な現象が生じる。その危機に際しての最善策が心理歴史学によって予測でき、しかもその確率はかなり高い。しかし、人類はその瞬間が来るまで、それがハリ・セルダン予測とは誰も気づかず、当事者もその行動の結果、どのような結末が来るのか分かっていない。すなわち、ハリ・セルダン予測はそれが終ってみて初めてそれと特定できる。・・・というもの。「なるようにしかならない」という場当たり的とも言えなくもないが、それを確率で予測してしまうというのがハリ・セルダンの心理歴史学。

そう思いながら読んでいると、突然、文章中にハリ・セルダンが出てきて、目がテンになった。なんてこった。作者はあきらかにアシモフへのオマージュを込めてこの作品に臨んでいたのだ。自分の思いと作者の思いが同調し、共鳴した瞬間。これこそ、本読みの醍醐味。

さて、長い長い物語のわりには、あっけない結末。しかし、これもハリ・セルダン予測といえば、それも納得かな。

巻末の解説の中で「4人の面壁者のうちの誰がハリ・セルダンとなるのか」というような記述があるが、これは間違いではないかと思う。問題はハリ・セルダンは誰かということではなく、誰のどういう行動がハリ・セルダン予測となっていくのか、という点だと思う。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-7-13 17:04:51 (29 ヒット)

昨年日本を席巻した話題作、ようやく手に取った。
ラジオ番組の中で紹介されて以来、気になってしょうがなかった。ブームも一段落したのか、図書館の書架に並んでいるのを見つけた。家に帰って、さーて読むかと、寝転んで本を開いてびっくり。ひらりと、テッシュが舞い落ちてきた。前の人が本閉じにでも使ったのかと思ったが、それは一瞬のこと。次の瞬間唖然とした。なんとそれは使用済みのものだった。いったいどうなってんの。落書きや、棒線などはたまに見かけるが、こんなものが出てきたのは初めて。何を考えてこんなものを挟んだのか、本書への何らかのメッセージなのだろうか。

この本に出会うまで、まさか久しぶりのSFを中国発で読むことになろうとは、考えてもみなかった。中国のSF文化に疎かったどころか、SFから中国がぽっかりと欠落していた感がある。多分、そう思っていたのは私だけではないと思う。それだからこそ、受けたインパクトは物語の出来具合に加算されて強烈な印象を残すことになったのではないかと思う。

物語は文革での紅衛兵の戦闘場面から始まる。文革の忌まわしき過去を鑑みれば、この後に展開されるSFの名を借りた体制批判ともとられかねない内容を含む本書はとんでもない作品といえる。そういう面からも本書の評価は高いのではないかと思う。

サイエンス・フィクションというよりはサイエンス・ファンタジーに近く、超ハードSFでないというのも多くの人々に受け入れられた要因だと思う。ただ、ヴァーチャルの「三体世界」がだんだんややこしくなって来て、そこがちょっと自分としては読み進むのに苦労した。

中国語から英語、そしてその両方を参照しての日本語化いうのも気にはなったが、両方とも読まないのでなんなのだけれども、とても読みやすく、うまく訳されているとの印象を受けた。くだけた表現や、日本人独特の言い回しもちょいちょい出てきて、原書でどう表現されているのかな、などと思ってみたりもした。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-7-12 11:36:13 (32 ヒット)

「アメリカ探偵作家クラブ主催のエドガー賞最優秀新人賞受賞。日本を含む30カ国以上での翻訳が決定し、2020年最高の話題作」とは知らずに手に取った一冊。
主題は二つ。「ドクトル・ジバゴ」誕生秘話とCIA勤務タイピストの給湯室話。
内容からいって、どちらかというと後者の方にウエイトがあると思うが、原題も「The Secrets We Kept」となっているし、邦題は前者に力点を置いている。

二つの物語ともとてもよくできていて、わくわくどきどきさせられる展開に引き込まれる。ところどころに出てくるウイットの効いた会話も見もの。ジバゴでは歴史の影をあぶり出し、「そうだったのか」とともにもう少し深く真相に迫ってみたいとの念に駆られる。著者であるパステルナークの身に危険が迫る中、母国語での出版がかなわず、最初の出版元となったイタリアの「フェルトリネッリ」についても興味がわく。

二つの主題の融合に成功しており、総合的な評価は高い。一度読んで二度おいしい作品だと思う。登場したタイピストのスピンアウトした物語を勝手に想像してしまった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-7-12 10:15:44 (28 ヒット)

この本に出合うまで、前田慶次郎のことは知らなかった。破天荒な人物像はまるで漫画の主人公みたい。こんな人が本当にいたのだから、驚かされるし、虜になってしまうのも無理はないだろう。

歴史通の間では「傾奇者」としての評判が定着している。いつの時代からそのイメージが植え付けられたのかはしらないが、ネットで見る限り、その印象は不変であるらしい。本作品でもその路線は踏襲されていて、膂力があって、男前、義理人情に厚く、かつ偏屈者という戦国時代に現れた希代の武将が描かれている。

彼の日常は一般人にとっては非日常で、そんな自分にない世界観を持って生きる人物にあこがれを抱くのはいつの時代も変わらないのかもしれない。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-7-12 9:13:12 (31 ヒット)

「教団X」を最後にしばらく作者から遠ざかっていたが、友達の書評にこの作品が紹介されていて、さて作者はどう変貌を遂げたのか、それを確かめたくて手に取った。

冒頭から、序盤のつかみはよくできていて、この先どのように話が進んでいくのか、興味津々でページをめくる。「いったいこの先どうなるのか、この挿話はこの先どう展開していくのか、またどのようにして回収されるのか」そういう気持ちを逸らさせないものはある。だが、いくつか組み込まれている挿話の整合性がとれないまま、物語は中盤から終盤へ向かっていく。つまり、途中で蒔かれた「ネタ」の回収がされないままページが進んでいく。それでいて、マジックリアリティーの世界かと思ったらそうでもない。

一つ、一つの挿話自体は読みごたえがあり、それはそれで短編として終結させてもよいほどの完成度がある。特に、終盤の入り口にあたる戦場のラッパ吹きの独白は鬼気に迫るものがある。しかし、「回収されない布石」ストレスの方が強く働いてしまい「よくできた作品だが、なんかしっくりとこない」という読後感となってしまう。
たぶん、映像化して、脚本でその奥歯に挟まった小骨をうまく取り除いてくれてなら、大ヒット間違いなしのエンターテインメント作品になると思う。

この作品を読む限り、「教団X」で抱いた作者の行き詰まり感からは脱したように見受けられる。けれど、私が苦手とする村上春樹に見られるような「中途半端なわけのわからない世界」を描く作風に似てきた感もあり、ちょっと戸惑っているというのが正直な気持ち。

85ページ中ごろに「金持ちの西洋人が年を取って、妻が死んでしまったりした後、・・・ふっていなくなることがあるらしい」という一文が出てくるが、この「ふって」という言い回しまたまた喉に引っかかってしまった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-26 16:48:13 (55 ヒット)

称名の滝を撮りに八郎坂に上がる。前々日の大雨で登山道が荒れていないか心配だったが、あまり影響がなかったようだ。

滝見台のベンチを過ぎてさらに先に進む。どこからも滝は見えるのだが、今回は少し上がりすぎたようだ。画角と構図に悩み、明暗差への対処に手間取り、いまいち意図した写真にならない。

弘法の草原に出ると程よい風が初夏を感じさせる。トキソウには若干時期が早かったようだが、タテヤマリンドウが盛りであった。

ウド、ウドブキの畑が随所にあり、ネマガリも太いのが出ていた。

























投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-26 16:39:42 (36 ヒット)

Tに誘われて再びクズバ山に行くことになった。

7時30分、東小糸谷出発で11時山頂着。この間数人の下山者とすれ違う。1650のピークに立つと、すでに太陽は真正面の位置。ベタな写真にしかならない。くっきりとした山肌、射光を求めるなら、5時過ぎには出なければならないだろう。

我々が着いたころは山頂に数人くつろいでいたが、次から次と上がてってくる。登山道が付けられてから、剱展望の人気のハイキングコースとなってしまった。

下山し始めた頃はまだ剱に小さな雲がいくつかまとわりついていただけだったが、そのうちガスに覆われてしまい、まったく見えなくなってしまった。それでも、登ってくる人が絶えない。せっかく苦労して登っても視界が効かないのでは残念無念だろう。

今回の収穫としては、ツマトリソウとツバメオモトが確認できたこと。前回来た時から4週間たつ。山はすでに夏模様。イワウチワ、ショウジョウバカマはあとかたもない。もう少し時期をずらせばまた別の花が見られるのだろうか。と思いめぐらす。
















投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-19 8:55:24 (53 ヒット)

























牛首を過ぎて平に向かう。春にはいつも利用する左手の谷にはすでに雪はない。平らに出ると見渡す限り緑一色。大日岳の斜面も雪がまばらに付いているだけ。爽やかな風が草原を吹き抜ける。コシアブラは採り頃を過ぎている。トキソウでも咲いてないかと足元を気にしながら行くとチングルマがちらほらと咲き始めている。小屋を過ぎて最初の木道の休憩所で一本取る。

雪が出てくるのは二股あたりから。雪の上を行くが、ルートはほぼ夏道通り。傾斜がきつくなってきたところでアイゼン装着。雪解けは早く、ところどころ雪渓が割れていて、ジグを切りながら進む。夏道では右に大きくカーブを切る少し手前で行動を打ち切った。

あと1時間もすれば稜線に出られるだろうが、ここから先、雪の付き方が予測できなかったのと、帰りトレースが消えてしまうこと、そして午後から雨の予報がでていたので、無理をしないことにした。単独で、不確定要素が多い場面に踏み込む勇気はまだない。

登山口起点:小屋を過ぎて最初の木道休憩地まで2時間 2185まで1時間40分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-14 13:35:21 (34 ヒット)

30年以上も前に読んだときは、やたら長すぎる感だけが印象に残った。今回、読み直ししてみると意外に面白く読めた。ここ何年か歴史小説を取り込んできたせいもあるのだろうが、20代の頃はまだこの作品に接する素地が自分には出来ていなかったのだと思う。作品は変わらずそこにあるのだから、読み手に変化があったとみるのが筋だろう。歳をとるというのはそういうことなのかもしれない。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-14 13:34:20 (27 ヒット)

1951年に発表されたというからかなり古い本。1999年に装丁も新たに発刊された。
登山がらみのミステリーかと思ったら、そうではなくマッターホルンの麓を舞台とした物語だった。ミステリーとしては古典的で、ポアロが出てくる探偵劇と雰囲気は似ている。事件に遭遇したいわくありげな登場人物のアリバイを追って物語は進んでいく。単純なストーリー展開だが、ノスタルジックな気分に浸らせてくれた。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-6-10 18:51:57 (50 ヒット)











事故に遭う前のいつの頃だったか、ブナクラのコルに向かう途中で、最初に通過する小ブナクラ谷出合い付近に咲くシラネアオイが目にとまった。あれ、こんなところにあったんだ、と思ったことを覚えている。あれから、それが気になっていたが、事故を起こしてからまる2年間ブナクラ谷へは触手がいかなかった。今回はそれを確かめに行った。

大猫山登山口付近で堰堤工事が行われているが、作業道はその先まで続いている。小ブナクラ谷を過ぎて、大ブナクラ谷のすぐ手前まで作業車が入る。工事関係者の方に伺ったら、この先崩壊地があって、さらに1.5キロ先まで、作業道が延びる予定、とのこと。まぁ、いつになるかはわからないが。そして、問題の小ブナクラ谷だが、そこには川底のところどころにマーキングがしてあった。これも、工事の方に聞いたところ、堰堤工事のための測量だが、いつになるかは聞いていない、とのことだった。

さて、目的のシラネアオイは以前と同じように咲いていた。ちょっと時期が遅かったのか、花はまばらだった。だが、そこかしこに咲いていてとてもうれしかった。時期が遅かったのが幸いしたようで、ウドブキ、、ウドも畑のようになっていた。

今回は久しぶりに登山道を離れ、谷筋を歩いてみたが、自分の山の原点に立ち帰ったような気分。1人だと深入りはできないが、ちょっとずつ駒を進めていこう。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-5-31 18:34:57 (58 ヒット)














投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-5-25 11:44:59 (78 ヒット)

東小糸谷登り口起点 中山のコルまで1時間(ゆっくり)1650まで(1時間15分)山頂まで(1時間)コシアブラは時期遅く、ユキザサ、エラしかなかった

1700くらいから雪を拾う。山頂は混んでいる。山頂のミネザクラに初めて気づいた。あと1週間で満開だろう。20人くらいとすれ違う。馬場島はテントもいくつかあり、活気を戻しつつある。

この時期のクズバ山がSNS上でハイキングルートとして紹介されていることもあってか、軽装の人が目立つ。初心者と思われる人がピッケルも、ポールも、アイゼンもなく雪の上を歩いている。


























投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-5-15 6:36:55 (58 ヒット)











白萩川の車止めに着いたら自分と同じ車種、同色の車が止まっていたので挨拶をしに行った。そしたら、その方は全国レベルの山岳写真家のTさんで、これから大猫まで剱の写真を撮りにいくのだという。ご同行を申し出たら、快く受けてくださった。

大猫の登りは2年前の事故以来。あのときは、大猫を登頂した後、また別の日にブナクラのコルへ向かう途中雪渓を踏み抜いて右膝蓋骨骨折とあいなった。

剱が真正面に見えるこの尾根は好きな山の一つである。Tさんと写真を撮っていて思ったのだが、何故この尾根に魅かれるのか、その理由が今更ながらわかった。それは、自分が通った剱の峰々、尾根と谷、それらのすべてがこの尾根から眺められるからだと。たしかに、ここに来るたびにかつて自分が辿った足取りを思い返していたが、Tさんと写真の構図について論議していると、ふと、そのことに思い当たったわけだ。頂を目指すのは確かに一つの目的だが、山から下りたあと、その山を振り返ってみるのもまた楽しみの一つである。この場所にくれば、この尾根からは、自分が歩んだ道、これまでの人生が垣間見れる、だから、この尾根が好きなのだ。

で、一登りして、樹林帯を抜け、剱が一望できる場所まで。そこで、カメラを出して、めいめい撮影にかかった。うまい具合に雲も演出してくれている。Tさんは丁寧に山の撮り方について教えてくれた。もっとも、こちらが事細かく質問責めにしたしせいもあるのかもしれないが、面倒くさがることなく、親切に教えて下さった。それは、手取り足取り、まるで教え子に諭すような話しぶり。これまで、写真は独自の無手勝流で、誰にも教えを乞うたことがなかった。なので、Tさんの一言一言はとても新鮮で、納得のいくものだった。これまでの我流の撮り方から、一枠抜け出すきっかけになった。

山は行ってみければわからない、今日もそんな一日だった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-3-27 14:17:16 (40 ヒット)

前作「阿黒篇」の続き、舞台は京都へ。
藤原緒嗣にすり替わった怨魔と緒嗣のライバルである藤原良房との抗争を軸に嵯峨上皇亡き後の皇位争いをからめ、魔界の盟主総門が企む地上征服を阻止しようとする空海(死後復活を遂げた)らの伝奇活劇。総門は美貌の死魔であるシバを半人半獣の鵺として蘇らせ、役小角らと共に京の夜に跋扈する。それに対し、空海は和気諒の力を借りて不動明王や愛染明王出現させ、反骨精神から野狂とも称された小野篁らと共にこれに対抗する。
阿黒篇同様、歴史の中に伝奇物を挿話として組み込み融合させており、歴史・伝奇物好きにはたまらない作品となっている。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-3-27 14:15:09 (36 ヒット)

時代は一気に平安時代へと遡り、そして舞台は再び陸奥へ。
一作目同様、伝奇小説の面白味を堪能できる。加えて、今回は歴史度がかなり高い内容となっている。よく知られている歴史、坂上田村麻呂が征夷大将軍となって蝦夷を併合させたこと、その流れを汲んで、その時代背景を一つの骨子として、SF度、伝奇度をうまく融合させた物語となっている。というよりは、時間軸に史実を置いて、伝奇をその場面場面に織り込むように刷り込ませ、裏歴史なるものを描いている感がある。

ところで、本作品のあとがきで作者は以下のように述べている
『総門谷』の再開である。自分でもちょっと信じられない。
ほぼ六年前の今頃に『総門谷』の最後の行をワープロのディスプレイ上に打ち終えた時、すべてが完結した、と思った。その感慨には小説だけはなく、自分の青春や、興味や、情熱その他、あらゆるものが含まれていた。自分はもう物書きとしての仕事を果たしてしまったのではないか・・・とも思った。読者にこの小説がどのように受け止められようと、自分にとってはこれが限界だと感じたのだ。これ以上の作品を書けるとは思わなかったし、アイデアも使い果たしてしまった。

自分でも驚いたのだが、これはまさしく、自分が前作を読んだときに抱いた感想を裏打ちさせてくれた内容だ。つまり『伝奇小説とミステリー、そしてSFの要素てんこ盛りで、これでもかこれでもかとかぶせてくる膨大な未知の物語、に当時は圧倒されてしまっていた』ということ。あながち自分の印象は外れていなかったようだ


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-3-27 14:12:43 (44 ヒット)

昭和60年に初版が発行されたときに読んでから30年以上もたっての再読。当時はわくわくさせて読んだのを覚えているが、内容はからきし覚えていない。そして、いつか読み返してみようと思っていた一冊。
さて、その内容は。初めて読んだときに抱いていた印象とは、どんなものだったか正確には覚えていないが、今とは少し違っているように思う。というか、大きな隔たりがあるようだ。読み返して思うのは、伝奇小説とミステリー、そしてSFの要素てんこ盛りで、これでもかこれでもかとかぶせてくる膨大な未知の物語、に当時は圧倒されてしまっていたのだと思う。だが、今思うのは、ちょっと大風呂敷に過ぎるということ。詰め込み過ぎがあだとなって、逆に詰めが甘い。B級テレビドラマか映画を観ているような感じで、エンタテインメント性には申し分がないが、それ以上の作品ではなかったようだ。
「総門谷」は「総門谷R」へと引き継がれていくのだが、これも内容は全く覚えていない。どんな物語だったのか、楽しみにして読んでみようと思う。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-3-11 11:35:41 (51 ヒット)

誰の作品だったか忘れたが、一度トライして難解なので途中であきらめた「平家物語」。もしかしたら、宮尾登美子の本なら読みやすいのではないかと思って手に取った。令和2年に入ってから読み始め、2月中旬に読み終えた。読みやすいとまではいかないが、平家物語の世界観とその時代背景のおおよそは掴めたのではないかと思う。物語を事細かく追っていくにはあまりにも登場人物が多く、その関係が複雑にすぎる。もう一度手に取って読み返したら、その辺のところがもう少し頭に入ってくるかもしれない。

それにしても、「おごれる人も久しからず」謡われた平家の栄華は30年余り。本当につかの間の天下だったようだ。30年といえば、長い歴史からみればほんの一コマにすぎない。それなのに、平清盛や平家のことを知らぬものはいないくらいその名は一つの時代として広く認識されている。そこのところのギャップというか、それほどの時代だったのかな、という印象が強く残った。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2020-2-8 17:57:55 (75 ヒット)













久しぶりに雪となって、冷え込みもきつかった。朝、家の前の道路はツルンツルンに凍っていた。馬場島までの道を考え遅い出発。伊折を出たのが10時過ぎ。スノーシューで膝下までのラッセル。先行者がいたがすぐに追いつき、追い越す。久しぶりの新雪ラッセルはとても気持ちがよい。上空はやや霞んでいるが、剱がばっちり見え、最高の身分。剱センター跡までたっぷり2時間かかった。山に登るにはもう少し雪が欲しいところ。


(1) 2 3 4 ... 40 »