はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-11-9 11:13:33 (7 ヒット)

著者あとがきによると、この作品は当初漢方薬メーカーの月間広報誌に掲載されたものだという。
企業の広報誌にこういった作品の執筆場があるとは知らなかった。どういう広報誌なのか見てみたいと興味がわく。また、広報誌にこういう作品を載せる会社の姿勢というか度量に感心もした。
山岡宗八の「徳川家康」の再読から始まった時代小説再発見の旅は自分の中での戦国時代の総括でもある。医師の目線からみた戦国の世はこれまで読んできた武将物語とは趣が異なり新鮮だ。戦国時代の医療はどういうものだったのか、時代背景と連動し患者の身分の差や敵対関係を問わず真摯に処する主人公の姿が印象的に残った。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-10-31 18:32:35 (4 ヒット)

先に読んだ直江兼続と重なりあう時代に生きた真田三代、主に昌幸と幸村を中心に、を描いている。同時代に生きた、それも接点がある人物を同じ作者が別々の作品として描くのは難しい。挿話の一貫性に矛盾があってはいけないし、似た表現の描写が出てくるのは否めない。同じ時代を別々の人物からの目線で描いていることを期待して手に取ったが、それにはハードルが高かったようだ


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-10-12 20:56:27 (14 ヒット)

上杉景勝に仕えた名将、群雄割拠する時代において名脇役とも称される直江兼続を描いた作品。直江という性は我が町内に幾軒かあって、以前からもしかしたら元々越後が本領の上杉家となにかしら関係があったのではないかと気にかかっていた。信長方との魚津城での戦いでは、直江兼続は上杉景勝とともに魚津城を望む天神山に陣取っている。当然兼続ゆかりの寄板衆直江一族も配下として加わっていたと考えられる。その流れの一部が魚津から近い我が町に根を下ろしていたとしても不思議ではない。
ともあれ、上杉家も時代に翻弄された名門のうちの一つであった。一時は越後から東北の覇者も夢ではなかったのに、戦国時代末期の見えざる糸に導かれていく様は伊達政宗のそれによく似ている。覇者への道から生き残りを賭けた政治的な戦いに力を発揮したのが直江兼続だった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-9-30 15:05:45 (16 ヒット)

関ヶ原を描いた小説を読むのはこれで連続して5度目。
これまでぴんとこなかった「政宗」がこの作品でようやく自分のものになった。
奥州の覇王を目前にしてその潮目が変わったのは秀吉に屈したそのとき。戦わずして誰かの軍門に下るということはそれまで政宗にとって考えられないことだった。秀吉が得意とする戦乱の世の処し方に政宗も組み込まれてしまった。それが、後の家康との結びつきにも繋がっていく。

ももと、東北が蝦夷と呼ばれていたころから、かの地では中央(朝廷)からは距離を置き独自な文化を築いていた。坂上田村麻呂によって征服されたとはいえ、朝廷側のやり方を直接押しつけるようなかたちはとってはいない。
それは奥州藤原三代の統治の頃になるといっそう顕著となり、藤原氏が絶えて後も戦国時代まで続くことになる。政宗の時代までは群雄割拠というよりは小雄の小競り合いの延長のような国取合戦が延々と行われてきた。それが秀吉の出現によって、新たな国取の絵図が描かれるに至って、政宗もその渦中に巻き込まれることになる。それでも、東北は我らのもの、秀吉何するものぞ、と最後まで抵抗した九戸政実のような生き方を選んだものもいた。しかし、川の流れはあまりにも早すぎて、政宗が奥州固めを万全とするまでの時間を与えてはくれなかった。形の上では秀吉に屈した形にはなったが、心の内は東北人の矜持を失っておらず、それが政宗人気の一つになっているのかもしれない。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-9-30 15:01:49 (9 ヒット)

「徳川家康」では伊達政宗のことがいまいち掴みきれなかった。そこで「鳳雛の夢」を手にとったのだが、これが「徳川家康」の政宗のエピソードをなぞり、端折っただけという感じだった。それではと、本家が描く政宗を読んでみたい気になった。なにせ8巻の大作、読み応え十分であろう。しかし、「家康」の焼き増し部分が多く、これだという政宗像を自分の中で構築するまでには至らなかった。期待したいただけに、ちょっと残念。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-9-10 14:10:24 (22 ヒット)

「家康」繋がりから、伊達政宗へ。
家康の晩年は伊達政宗との交わりを抜きにして語れない。
家康と政宗との関係は、信長と秀吉、秀吉と家康、そのどちらに近いものだったのだろうか。どうもそのどちらにも似ていないようだ。家康が夢見た万民泰平の国造りの最終仕上に政宗というピースがぴたりと当てはまる。信長、秀吉、家康それぞれにそれぞれの役目があり、政宗にも彼にしかできない役割があった。時代が求める人物がその都度現れてくるというのはなんと摩訶不思議なことなのだろう。
ただ、この作品に関しては政宗の人生をやや端折りすぎた感がある。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-9-8 17:27:43 (20 ヒット)

「徳川家康」を読み返して思ったのは、自分があまりにもその頃の歴史を知らなさすぎたということ。そんなんで六十年以上も生きてこられたのが恥ずかしい。推理小説ばかりに入れ込んでいる場合ではないと、家康繋がりで手にとったのがこの一冊。
時代に翻弄された二人の武将、徳川秀忠と長曽我部盛親の葛藤を対比させながら描いている。年齢の差は4才だが、ほぼ同年代といってもよいだろう。関ヶ原の戦いでは敵対する大将どうしだが、二人とも主役にはなりきれなく、二人とも戦いの主筋からちょっと離れた展開を見せているところがおもしろい。
長曽我部盛親のことがもっと知りたくなった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-8-5 10:39:02 (23 ヒット)

30年以上経ってからの読み返し。脚を痛めてから何も出来ない辛い日々が続くなか、ちょうど三カ月かかって読了。

注意一秒怪我一生、とはよくいったものだ。一瞬の出来事が自分の今後の人生、生き方にこんなにも影響を与えるものだとは思ってもみなかった。階段の上り下りはもとより体重をかけることすらままならない、どうしようもない膝をかかえてやれることは限られる。山と半生を共にしてきた身にとってはとてつもなく辛い状況にある今の自分。半年後、一年後には飛んだり跳ねたりする可能性も無きにしも非ずなのだが、そんな兆候が全く見えない現時点では、ただただ悲壮感にさいなまれるばかり。お先真っ暗というのが正直なところ。

そんな折、できるのはただ本読みのみ、と手に取ったがこの作品。他にやることないので、けっこう集中して読めた。最初に読んだのが30年以上も前だから、内容は全く覚えていない。だから、一巻一巻読み進むのがとても楽しかった。家康ばかりではなく、信長、秀吉や他の戦国武将の物語ももれなく描かれている。家康を語るには、彼と同時代に生きた人々や出来事についても触れておく必要があり、全26巻は必然であったと納得した。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-5-4 14:33:14 (88 ヒット)



















目が覚めたらまだ3時、ちょっと早いと思ってもうひと眠りして起きたら5時を回っていた。あわてて朝食をかき込んで家を出た。白萩川の車止めを出て歩きはじめたのが6時40分。赤谷山を目指すには1時間は遅い時間になってしまった。

堰堤直前の橋は撤去されたままで、そのすぐ上流に太い導水管を埋め込んだ道が作られたのだが、そこに残っている雪を伝って左に回り込む。しばらくは右岸の夏道伝いに行くが大岩あたりから雪渓に乗る。すぐに高さ15〜20メートルほどの岩場が連なる場所を左に見て、クライミングの練習場に使えないものかと想像をめぐらせる。

4名の下山者とすれ違う。上部の様子を聴こうと思ったが、取り付くしまもないような雰囲気だったので声をかけそこねた。デブリでうねっている地点を上下しながら歩いていると、急に下半身が重くなり始め、こうなると次に来るのは予想できたが、予感通り不整脈発作となった。そんなに急いで歩いていたわけでもなく、急傾斜な雪渓でもないのに、突然襲ってくるこの発作にはいつもながら驚かされる。一歩一歩が重たく苦しいので一本取ることにした。

シベノールを飲んで10分ほど休んでから行動を再開。いくらか体は軽くなって、脈も落ち着いてきたが、目指す赤谷山は無理とあきらめ、あとは何処まで足を延ばすかというところ。先行者が一人いるようだから、もしかしたらその人に追いつけるかもしれないとの思いで足を進める。

先行者とはブナクラ谷から右へ赤谷山へとショートカットする谷の少し上部で追いついた。体調が万全なら迷わずその谷を辿っていただろう。追いついたその方と話をしていたら、先日大熊山山頂から見ていた早乙女へと向かっていた人だとわかった。大日まで行ったが誰にも逢わなかったとのこと。

その人は赤谷山を目指し登っていった。自分としては時間も遅く、なにより体調がいつ悪化するともかぎらないので、そこから下山することとした。上天気ではあったが、なんの悔いもなく、かえってすがすがしい思いで雪渓下りを楽しめたのは自分でも意外であった。

白萩川車止め起点 ブナクラ谷1400まで3時間 下り2時間


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-5-4 14:19:55 (63 ヒット)























この時期恒例の大熊山。
今年は尾根筋の雪解けが早く、もしかしたらお目当てのあの花が咲いているかもしれないと期待して出かけた。

山は薄く霞がかっているが、そのうち晴れてくるだろうと思って小又橋から歩きはじめる。取付きの尾根はすでに早春の頃を過ぎている。イワウチワが道の両脇に咲きほころんで、主稜線まで楽しませてくれる。はたしてあの花はどの辺だったろうと探しながらいくと、突然その真っ白な一群が目に飛び込んできた。やはり例年より開花時期が早いようだ。だが、少しずつ株が小さく少なくなってきている。不思議なことにこの尾根でこの花が見られるのはこの場所だけだ。あとはいくら探しても見つからない。尾根から外れた周辺の斜面を探したら見つかるかもしれない。とりあえず目的の花に出会えて一満足。

雪は主稜線直前になってようやく出てくる。案の定、少しずつガスが消えはじめ周辺の山々がくっきり見えるようになってくる。雪を拾って稜線歩きを楽しんでいると、先行者に追いつく。それからあれやこれや話をしながら歩いていると、いつのまにか山頂台地に着いてしまった。

山頂に立つと雲が湧いたり消えたりして、流れ行く雲間から覗く剱や大日の雄姿にしばし見とれる。コット谷に目をやると、山ノ神尾根の取付きは雪が付いている。コット谷のコルから上部の尾根を見やると、単独行者が早乙女に向かっているのが視認できた。大日まで行くのだろうか。

山頂での眺望を十二分に楽しんで、お逢いした人に別れを告げ、独り下りにかかった。

小又橋起点 登り3時間 山頂30分 下り2時間


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-25 13:42:04 (46 ヒット)

「新・銀河帝国興亡史」第二弾。
ここでは、二万年にわたり生きている?ロボットと人類との関わりが大きなテーマとなっている。人間のように考え、精神感応力を持つという人間と紙一重のロボットが、銀河帝国と人類の盛衰に大きく関与してきたことが語られる。気の遠くなるようなはるか昔、従来からよく知られているロボットの三原則に加え、第零法則がロボット自身の手によって「認識」されるようになる。つまり、人類存続という大きな命題の前には、小さな犠牲をも厭わない、容認する、というもの。すなわち、「人間に危害を加えてはならない」という大原則から大きく逸脱することを意味する。驚くべきは、その原則をロボットが構築したという点。そして、ロボット自身もその法則を支持する派と非支持派に分かれて生きながらえてきた。
当然、ハリ・セルダンが予測するところの銀河帝国の末期の混乱期に際して、零法則に則ったロボットは密かに人類の危機に対応を巡らす。しかし、零法則の呪縛から解かれたロボットはその路線とは一線を画した行動に出る。そして帝国内部では、セルダン計画に大きな影響を及ぼすことになる強い精神感応能力をもった者が出現してきて、彼らと帝国中枢との抗争も勃発する。それらの物語がお互いにリンクしあい、セルダン計画はいよいよ佳境へと突入していく。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-24 12:58:12 (45 ヒット)







































先日見たサクラがあまりにも印象的だったので、好天が続いているうちにもう一度サクラを堪能しておきたいと思って出かけた。

前回よりは撮影に時間をかけ、じっくりとサクラを見ながら馬場島へと向かう。往路、復路ともサクラ三昧の一日だった。だが、ゲートまで戻ってきて、なごりの剱を撮影した後、道端のコゴミに目がいってしまった。家に帰って荷物を車から出していると三脚がないことに気付いた。コゴミを採って満足していたら、三脚のことをすっかり忘れてしまっていたようだ。再び伊折へのゲートまで車を走らせ、現場付近を捜したが、三脚はなかった。後味の悪いお花見となってしまった。

伊折ゲート起点 馬場島まで往復6時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-24 12:17:33 (54 ヒット)
































































下界のサクラがあっりと終わったので、山の方はどうなているのか気になって出かけた。

これまで幾度となく通ってきた道だが、こんなにもたくさんのサクラの木があったことに全く気付いていなかった。馬場島に至る道路際はもちろん、その山際、早月川を挟んだ対岸の山肌のあちこちにサクラが咲いている。木々の芽吹きが始まった山にサクラが彩りを加え、早月の流れは雪代をたたえて勢いを増し、正面には雪と岩の剱が青空を背景に映えている。道の脇にはキクザキイチゲが咲き乱れ、沢に入れば、ワサビの葉が光り、倒木にはエノキがついている。春の躍動を全身で感じてきた一日だった。

伊折ゲート起点 中山まで 往復7時間


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-2 18:21:12 (71 ヒット)















ここ数日、一カ月近く季節が前倒しになったGWのような陽気が続く、今のうちにと向かったのは土倉山。これまで何回かこの山を目指したが、青空の下の剱はまだ拝めていない。今日こそはと気合いを入れて家を出た。

土倉山へと向かう道路にはまだ雪が残っていたので、伊折橋手前の路肩に車を止めて出発。朝の冷え込みがきつく雪が凍っていたので、アイゼンを履いていく。しばらく歩き道路が南北になるところで雪が切れていたので、アイゼンを脱ぐ。しばらくして、また雪が出てきて、アイゼン。そしてまた雪が切れ、アイゼンを外す。取り付きの斜面が見えるカーブを過ぎてようやく雪べったりとなる。

取り付き尾根は雪は完全になくなり、むしろ乾いている感さえある。昨年の4月14日に来た時も雪は無かったが、これほどまでは乾いていなかった。雪の上に乗ったのは800からで、それまでは刈り上げられた夏道を行く、これも昨年と同じ。つぼ足でしばらく進むも、締まった雪は歩きづらいのでアイゼンを装着。ここ数日に通ったと思われるトレースを追って高度を稼ぐ。

稜線に出て飛び込んで来る毛勝から剱までの大パノラマは圧巻だ。山頂までは電車道のようなトレースが付いていた。ようやく快晴の下の剱にご対面とあいなった。
これで一満足だが、来年はテントを担いで稜線で泊り、夜明けの剱を狙いたいとの思いで下りにかかった。

取り付き尾根起点 山頂まで2時間15分(撮影時間10分)、山頂20分
下り 1時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-2 18:19:08 (60 ヒット)















今年の花粉症は、水道管が破裂するほどの極寒の冬のせいか、いつもより症状が出るのが遅かったが、お彼岸ごろから急に気温が上がり始めると、一気に杉花粉が飛散し始め、それに伴って体も反応し始めると、数年来覚えのないくらいの辛い日々。体調も運気も絶不調、体重も2キロは痩せた。そんな中、群馬から帰省して、体調を整えるべく選んだのがいつもの千石城山。

笠尻山の取り付き尾根は雪解けが進んで、すっかり夏道が出ている。雪が出てくるのは一登りして、平たんになったあたりから。3本目の鉄柱から鞍部目指して下るが、この斜面は全く雪が付いておらず、とんだ藪漕ぎを強いられた。まさか、これほどまでに雪解けが進んでいるとは思っていなかったので、機先を制せられた感じ。猛烈な藪漕ぎ。鞍部に降り立ってからも、藪のなかの雪を拾って右往左往、アップダウンの繰り返しで思うように進まない。

目指した中間地点の楽園まで1時間30分、かなりバテバテ、大休止。そこからは雪も多くなってきたが、稜線上は藪となっている。はやり雪を拾ってのアップダウンを強いられ、最後の千石城山への一登りも藪だった。

ド快晴のもと、剱が鎮座する。気温も上昇し、誰も居ない山頂で裸になって汗を拭いた。裸になったのには訳がある。昨年の春、大猫山でのちょっとした藪漕ぎでマダニに取り付かれたことを思い出したからだ。気温が20度を超え、五月のような陽気となれば、マダニを警戒してもおかしくはない。汗を拭きながら、後ろ前、ズボンの中も入り込んでいないか入念に調べた。

一服してから、もと来た道を引き返す、笠尻へのあの藪の登りのことを思うと憂鬱でたまらなかった。

笠尻山登山口起点 楽園まで1時間30分、千石城山まで1時間20分
下り 2時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-4-2 18:16:33 (52 ヒット)

アイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズを題材として執筆された「新・銀河帝国興亡史」の第一弾。

ハリ・セルダンがトランターの首相に就く場面から始まる。まだ、心理歴史学が完成されてない頃の話。アシモフの「ファウンデーション」を補完している側面もある。かなり分厚い長編の単行本はなかなか前に進まない。超高度に発達した科学と精神世界との融合によって得られる疑似空間での物語が作品の大半を占めている。「模造人格」が描きだす世界観はまるで禅問答のようで、難解だ。昔のSF小説のような単純明快な筋運びとは程遠く、哲学書のような感じさえ受ける。SFも突き詰めていくと、こういう精神世界とは無縁ではいられないのだろうと思わされる作品であった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-3-20 8:41:52 (67 ヒット)

久しぶりの山歩きはやはり気になる剱のふところへ。体もなまっていて山登りが出来る状態ではなく、いつもの道を歩いてきた。

朝かなり早く家を出たつもりだったが、たちまち空が明るくなってきて、撮影条件の見定めが難しかった。ゾロメキを過ぎての撮影ポイントまで一気に進んでいけばよかったのだが、その手前でたびたび変化する剱の表情に気を取られてしまい、そのたびカメラを出していた。きょうこそはと、イメージしていた写真を期待していたのだが、道草をくっていたせいで、今回もタイミングが合わなかった。

それだから、白萩川のビューポイントに着いたときはすでに遅し。意図していた条件には程遠かった。

まだ雪はたっぷりと残るが、光は確実に春の訪れを告げていた。

伊折から白萩川のビューポイントまで往復6時間30分。撮影時間1時間30分ほど。
















投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-2-24 14:38:59 (57 ヒット)

「忘れられた花園」に続いてケイト・モートンの作品としては二作目。
前作よりサスペンス度合いが増し、ミステリーとしてもよくできている。
もし、この作品を最初に読んでいたら、間違いなく星五つとなっていたであろう。
冒頭から序盤に受けた印象は、何故に前作とここまで似たプロットや舞台背景、展開手法の作品にしたのかという疑問。双方の作品になんらかの関連性があるのならまだしも、その接点がない全く別の物語なのに、「忘れられた花園」を彷彿させる作品に若干の違和感があった。そこを差し引いても星四つに値する作品だと思う。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-2-24 14:36:43 (56 ヒット)









好天だが、昼から行く山とならば、行く場所は限られる。家を出て、なんの迷いもなく種の集落へと向かう。
いつもの通り、道路際に車を止め、山に入っていく。しばらくはトレースがなく一人ラッセルを楽しむ。城ケ平山からの分岐に出てからは、電車道のようなトレースがついていた。城ケ平山経由の方がメジャーのようだ。山頂に着いたときは二組のパーティーが帰り仕度をしていた。
この山のよいところは、もちろん剱の眺めがよいのもあるが、坪庭のような種地区を俯瞰できるのも気に入っている。剱と種集落、双方の眺めが相乗効果となって、登山者の目を楽しませてくれる。

小屋脇の車止め起点 登り1時間 下り30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-1-6 13:38:29 (73 ヒット)

終活の一環として積んである本の読み返しに入ってから数年たつ。捨てるにしてもせっかく買った本、もう一度だけ読んでから始末したい。

さて、この正月から取り掛かったのはアシモフの「銀河帝国の興亡」。すでに二度読んだ覚えがあるから、今回が三度目。古い本なので文字も小さいが、やっぱりおもしろい。読み終えてからネットで調べてみると「銀河帝国の興亡 1」にはかなりのプレミアが付いている。捨てるのはもったいない気がしてきた。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-1-6 13:34:45 (80 ヒット)































曇り空ではあったが剱は見えている。正月に溜まったゴミ出しをしてから山へと向かった。
上市の中心部といくらも離れていないのに、伊折は深い雪に覆われていて、まるで別世界のようだ。越年登山者の車は一台も残っていない。

県警の雪上車の轍をスノーシューでいく。あまり期待はしていなかったのだが、次第に雲が切れてきて、日も射してくるという絶好のトレッキング日和となった。こうなったら馬場島まで行くしかないだろう。トレースがあれば中山でも登ってくるか、と欲が出る。

雪上車の轍はとても歩きやすい。次々と変化する周囲の景色を楽しみながら、まずはいつもの定点観察地点まで。そこから馬場島までは目と鼻の先。途中、期待していた中山へのトレースはなかったので、あっさりあきらめ、馬場島に向かう。白萩川へと向かう林道に積もった雪には薄らとトレースが残る。

パンを頬張ってから帰路に着くと、派出所から警備隊の人が出てきて、一言二言話をした。年末年始に本峰まで達したのは1パーティーのみだったらしい。ところが、まだ山に入っているパーティーがあるという。12月24日に宇奈月から入って、今現在毛勝付近にいるという。予定では12日に下山となっている。なんとも凄い猛者がいるものだ。はたして彼らは剱本峰まで達することができるのだろうか、彼らが無事下山するまで警備隊は馬場島に詰めている。それまで気が抜けない勤務だ。そして警備隊が山を下りてしまえば、雪上車はどこかに止め置かれ、轍もかき消えてしまい、越中のトレッキング街道はしばらく静寂さに包まれることになる。

伊折集落起点 行動時間5時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-1-6 13:27:09 (90 ヒット)





正月二日間も、年末同様だらだらと過ごす。
気晴らしに海岸線を歩いてみようと思って家を出た。

常願寺川河口はけっこうな波が立っている。サーファーにとってはもってこいの波だと思うのだが、誰も波乗りを楽しんでいるものはいない。この辺が都会と田舎の違いなんだろうとつくづくおもう。正月休みの波の立つ海岸、湘南のサーファー達ならほうっては置かないだろう。

海岸線を歩いて、波消しブロックに砕け散る波や、砂浜に押し寄せる白波や引き波をターゲットにシャッターを切る。冷たい潮風に当たりながらの散歩であったが、それがよかったのかもしれない。心の中のモヤモヤが少し引いていった気分。

カメラを収めてから、さて帰ろうと、何気に水平線を見ていると、湾曲した富山湾の東端の地形が水平線から浮いているが目が止まった。まさしく冬の蜃気楼。夏に陽炎のような蜃気楼かどうか疑わしい光景は目にしたことはあるが、このような顕著な蜃気楼を見たのは初めてだ。今この瞬間にその場に居合わせたことの奇遇を感じるとともに、今年の運を早使いはたしてしまったかもしれない、なんか複雑な気分にもなった。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-1-6 13:18:37 (78 ヒット)





















越年登山をやらなくなって久しく、今年も体をもてあまし気味の歳の瀬。来年こそは何かにチャレンジしようと意味もない時間をだらだらと過ごしていた。しかし、それではいかんと思い、今できることはすぐに着手しようと思って、晴れようが雪が降ろうが、まず現場に行ってみることにした。

まだ暗いうちに伊折橋右岸の除雪してある作業用林道の車止めまで入る。ヘッデンを着けての準備は久しぶり。スノーシューを履き終えるころになって周囲の山々の様子が見えてきた。高曇りの中、剱もうっすらと見える。日の出間際の淡いピンク色に染まった雲を背景に浮かび上がる剱のシルエットを待ってもよかったのだが、それを待っていると何時になるかわからないので、歩き始めることにした。

二日前のものと思われるスキーヤーのトレースを辿って取り付きまで。トレースは正面の杉の植林帯へと向かっているが、やわしそうなので、少し右に回り込んだ末端尾根から取り付くことにした。

急な登りを行くとすぐにスキーヤーのトレースに合流。二日間で雪がいくらか積もったが、トレースがうっすらと残っている。そのトレースも900ぐらいからあやしくなり、1000までくると完全に消えてしまった。曇り空ではあるが、剱と大日を見やりながら、先を急ぐ。

尾根の形状から、登るごとに剱は見え隠れする。西からあやしい雲が接近してくるのが見てとれる。剱が雲に覆われるのは時間の問題だ。ここでカメラを出して撮るという手もあったが、もしかしたら、山頂に着くまでは視界が確保できるだろうとの淡い期待があって、時間がもったいなく、立ち止まらずに先を行くことにした。

剱といえば、越年登山のため早月尾根から入山したパーティーのことが頭をよぎる。明日から悪天候が予想され、アタックするとしたら今日しかない。今日の天候からすれば、早月小屋付近からアタックに出たパーティーもまた時間との戦いを強いられていることだろう。視界が効くうちに、吹雪にならないうちに安全地帯まで降りていなければならないとなると、タイムリミットの見極めが難しい。

それにしても、1000からの登りが長い。歩いても歩いてもまだかまだかと思われるくらい長い。1400に満たない山なのに、気持ちが折れそうになる。剱が一端視界から消えると、あとはひたすらラッセルあるのみ。主稜線に出た時、はたして剱は見えているのだろうか、剱は無理だとしても、毛勝の山々はどうだろうか、その一心で高度を稼ぐ。

そして、待望の主稜線。残念ながら、剱は上半分灰色の雲に覆われてしまっていた。僧ヶ岳から毛勝の山々はかろうじて臨める程度。剱の全貌とまではいかないが、あやしい雲に覆われた剱が今年の撮り収めとなった。

車止め起点 取り付きまで40分 山頂まで3時間30分 取り付きまで1時間20分 車止めまで40分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-24 10:02:04 (77 ヒット)













絶好の登山日和だが、家を出たのがかなり遅い時間で、これではどこも登れないと思いながらも、いつものようにとりあえず伊折を目指す。

伊折までくると雪は深い、80センチは積もっている。前回はゲートまで車が入ったが、今回はさすがに無理。伊折集落から歩く。新雪でふかふかの雪はスノーシューでも膝上までもぐる。こんな上天気に誰も入っていないのは驚きだが、新雪を独り占め出来る気分はなんともいえない。車ならものの5分もかからないゲートまでの1.5キロ、一人ラッセルだと2時間かかる。それでも、真っ青な青空をバックに白い鎧をまとった剱と神々しい周辺の山々を眺めながらのトレッキングはとても気分がよい。ときより道路脇の杉林で視界が途絶えるが、そのつど現れる山々はいくら見ていても見あきることはない。冬の晴れ間、越中のトレッキング街道の真骨頂はここにある。

ゲートの向こう側には県警の雪上が雪に埋もれていた。それを見やってさらに先へ進む。ゲートからさらに30分、大熊谷に差し掛かる手前のカーブの見晴らしのよいところで今日の行動を打ち切った。
整地をして三脚を立て、シャッターを押しまくる。一番の収穫はここまで来ないと見られない赤谷山から大窓へと続く稜線。本当に真っ白な稜線と山肌に目が釘付けとなる。

ここから馬場島まで歩くとなると、一日仕事だろう。重荷を背負ってならば、なお大変だ。そして、馬場島からはさらに厳しい試練が待っている。

伊折集落起点大熊谷出合い手前まで往復 4時間30分


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-24 10:00:36 (76 ヒット)



体調に自信が持てなくなってからは一人で山に入ることが多く、仲間と行動を共にする機会はめったにない。それでも救助訓練だけはみんなと意識を共有しておく必要があり、機会があればなるべく参加するようにしている。今回もその一端。
経験則からではなく、雪の状態をテストして科学的に雪崩の危険度を測る。次にビーコン探査。最後にビニールシートを使っての負傷者搬送。手順を一つ一つ再確認しながら、あやふやな記憶を覚醒させる。訓練でやってないことは現場で出来るはずもなく、仲間のためにも自分のためにも定期的な訓練は必要だろう。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-24 9:50:04 (74 ヒット)

オーストラリアの作家の小説は初めてだ。

訳者あとがきによるとこの作品は『ゴシック・ロマンス』の範疇に入るらしい。ゴシック・ロマンスとは「18世紀半ばから19世紀初頭にかけてイギリスで流行した中世風ロマンスの一種」で「人里離れた古い城や大きな屋敷を舞台にした、おどろおどろしい雰囲気の怪奇小説っぽい恋愛小説」を意味するらしい。本作品には「おどろおどろしい雰囲気の怪奇小説」は当てはまらないにしても、大体の雰囲気はそれに合致している。

私は少女漫画を小説にアレンジしたという印象を受けた。演歌に男歌と女歌があるように、小説にも女小説と男小説があると思う。推理小説にしても男性作家と女性作家とではどこかしら漂う空気が違う。しいて言うならば、「凄み」が男性作家の方が勝っている。対して女性作家の方は繊細なシナリオを軸としている印象を受ける。というわけで、この作品は女小説の典型といえる。

冒頭から序盤にかけて、四世代にわたる物語が交互に語られ、登場人物同士の関係が混乱して幾たびも読み返す。そのうち第二世代と第四世代の二人の人物、祖母と孫の物語に収斂していくのだが、そこまでいくと話の筋が読めてくる。

題名となった「花園」はまさしく「人里離れた古い城や大きな屋敷」内にあって、「おぞましい事件があった」その場所にあり、二人によるルーツを探す旅から見えてくる一族に関わる数奇な物語が「ゴシック・ロマンス」というわけだ。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-9 11:22:19 (67 ヒット)

リンカーン・ライムとアメリア・サックスが登場してから20年、最初のこの頃のようなときめき感は薄れ、パターンも定型化してきて、マンネリ感が否めない。

IOTが急速に進んできて、監視カメラやスマート家電、スマート自動車が手近に感じられるようになってきた。ハッキングや思わぬ通信障害によってそれらが暴走する可能性を危惧しているのは私だけはないと思う。先日も、電波障害が原因と思われる不具合でドローンが墜落するという事案があった。IOTによって世の中便利に、楽になっていくのはありがたいが、いったんそれに頼り切り、社会がシフトチェンジしてしまうと、それらが暴走したとき、機能しなくなったとき、混乱は避けられないだろう。

今回の主題は、まさしくそのスマートデヴァイス社会の脆弱性。
だが、推理小説のわりには、我々の考える範疇で物語が進み、推理する楽しみが薄れている。物語の山や谷も少なく、ほぼ平たんな調子で、考えなしで読めてしまう。リンカーン・ライムにはもっと凄みのあるサスペンスやあっと驚くような推理を期待している読者にとっては、並み以下の作品ととられてもしかたがあるまい。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-9 11:13:00 (76 ヒット)



















朝早く目が覚めたのでネット閲覧がてらGPVで天気の様子をみていたら9〜10時ごろから雲が切れて晴れ間がのぞいてきそうだった。実際7時ごろ食事をしているころはまだ剱方面は分厚い雲に覆われていた。それが、飯を食べて一服している最中に急速に空が明るくなってきた。外に出てみると西から青空が広がり始め剱周辺の雲もすっかり上がっていた。これは行かなくてなるまいと思い、遅い時間ではあったが、伊折へと向かった。

時間も遅いので、折戸トンネル過ぎの凍結した下り坂の心配はない。伊折集落までは完全に雪は融けている。そこからゲートまで除雪はしないが、轍が残っていたのでその跡を辿って車でゲートまで入ることにした。ゲート付近は膝下までの積雪があり、轍はゲートの向こうへと続いていた。おそらく県警の車が雪上車を止めてある地点まで向かったのであろう。伊折から馬場島まで、この雪上車の圧雪のおかげでずいぶん歩きが楽になる。正月までは降雪後に動いてくれているので、年末年始に剱方面に向かう登山者にとっては大変ありがたい。

山に入るには遅い時間だし、スノーシューも積んでこなかったこともあって、ゲートから先は進まず、青空をバックに雪煙を上げる剱の表情を目とカメラに焼き付けるにとどめた。

それから車を返して、ハゲ山を目指し種の集落に向かった。
いつものとおり、道路沿いの建屋の近くに車を止めて歩きだす。30分そこそこで山頂に到着。剱それ自体の眺めはもちろん最高だが、眼下の種の盆地を手前に見て、その奥にそびえる剱と対になった風景がまた一段と奥行きを感じさせ、とてもよい。

ハゲ山は本当に近くてよい山だ。


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-5 12:07:03 (69 ヒット)

















伊折のゲートが閉じられ、いよいよ越中のトレッキング街道の季節がやってきた。
伊折から馬場島まで、そして剱を眺めながらのその周辺の山々へのトレッキングは本場エベレスト街道にも決して引けをとらない。難点があるとすれば、冬の期間、3月まで晴れの日が少なく、仕事の都合と合わせて歩ける日が限られるという点か。今日も独り、誰も来ない静かな山を歩いてきた。
馬場島まで道路は雪が融けていた。馬場島間近になって路面が凍っている個所がある。馬場島の積雪は10センチくらい。白萩林道にはうっすらとトレースが残っている。伊折付近で、例年にはあまり見ないキツネを数匹みかけた。

ゲート起点 白萩林道の撮影地点まで 行動時間5時間


投稿者: hangontan 投稿日時: 2017-12-5 11:46:44 (71 ヒット)















前回9月に登ったときはあいにくの曇り空で、展望はかなわなかった。
かみさんが、別の登山口から登ってみたいというので同行することにした。

登山口までは遠い。馬場島の方が近いと思わせるほど車で奥に入る。道が曲がりくねっているのも遠く感じさせる要因と思われる。

登山口に着いたのは10時半近く。先客の車が一台止まっていた。
最初は平たんな杉林の中を行くが、すぐに急登の尾根となる。赤土でぬるぬるした道は誠に歩きにくい。急登のほぼ全体に取り付けてあるトラロープを頼りに登っていく。杉林と藪のような雑木の中にある道はあまり面白みがない、ひたすら上を目指して登るのみ。そして、登り始めてからちょうど1時間、期待していた展望の山頂に立った。剱の眺めはまぁまぁといったところ。同じ低山なら、もっと楽に登れる上市の茗荷谷山やハゲ山からの方がよいと感じた。

長倉登山口起点 登り1時間 山頂30分 下り1時間


(1) 2 3 4 ... 37 »