はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「蜜蜂」マヤ・ルンデ 著 ★★★ NHK出版
投稿者: hangontan 投稿日時: 2019-11-16 10:47:57 (81 ヒット)

本屋大賞というのは日本の専売特許かと思っていたら、そうでもなかったようだ。作者はこの作品でノルウエーの本屋大賞を獲っている。本屋大賞は日本の本屋の店員さんの発案で、それが地道に広がり、そして幅広く支持されるようになっていったのかと思っていたら、そうではなかったらしい。どこぞの国でウケている「本屋大賞」なるものをパクっただけのことだった。巧みでしたたかなマーケティング戦略だったのだ。

ともあれ、この作品は一見の価値があるだろう。現代、過去、未来、に登場する三人の主人公の視点でミツバチをもとにした物語が語られる。冒頭から中盤まで、三者ばらばらのストーリーはいったいどこに集結するのだろうかとの疑問符だらけ。中盤になってやっとこの物語が親と子の絆の物語であることに気付かされる。感動を呼ぶ結末はないが、ミツバチを主題として親子の不偏性、特に子を想う親の気持ち、を描いた作品だとひらめいた。難を言うなら、過去、現代の挿話はうまくミツバチの生態と絡み合って興味深かったが、未来の挿話は描きたらないというか、ストーリー性が貧弱というか、ワクワク感に欠けた感がある。もっと違ったやり方があったのではないかと思うと、ちょっと残念。

印刷用ページ このニュースを友達に送る