はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 早月尾根 (伝蔵小屋まで)
投稿者: hangontan 投稿日時: 2011-5-18 18:36:04 (523 ヒット)







本日はお日柄もよく、山登り。5月の20日前後はこどもの日と並んで天気の特異日、晴れの確立が高い。と自分で決めている。登山条例適用外のこの時期は気楽に早月尾根に行ける。雪もたっぷりあるし、小屋まででも十分に春山気分が堪能できる。体力があれば本峰まで日帰りするにはよい時期でないかと思う。何しろ下りが断然早いし、楽だ。小屋からの景色は超弩級。雪と岩の殿堂「剱」の大パノラマが眼前に迫りくる。そんなこんなで、伝蔵小屋までは何度も訪れている。今年は残雪も多く、雪の量としては例年のGWの頃に匹敵するのではないだろうか。GWの下山時いつも楽しみにしているコシアブラはようやく芽が出たばかり。松尾平のカタクリは今が旬。
小屋に着いたとき、ちょうどガスが上がってきて剱は雲の向こうにかき消されてしまった。パンをほお張り下りにかかる。下りはいつものごとく、脱兎のごとく。1200mベンチのすぐ上まで、右斜面の雪を拾って一気下り。雪が多いので、ここから白萩川までも下れるのだが、夏道に仕事が残っているので、登山道を行く。登り3時間半、下り2時間。今日の獲物、コシ、ユキザサ。

印刷用ページ このニュースを友達に送る