はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 山ノ神尾根 1850まで 2013/5/4
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-5-4 18:42:40 (546 ヒット)

















やる気満々、体調もよし、天気も後押し、今日が宿願の山ノ神尾根制覇の日となるはずだったのに・・・。大晦日に過去3度挑戦して、敗退し続けてきたこの尾根。冬はやっぱり無理とあきらめ、春ならば、と狙っていたのだった。

取り付きの標高が1000、尾根を抜けたところが2150。3〜4時間で抜けられるはず。そう思って取り付いた。

小又橋からは林道を行く。心配していたほどの斜面の危険は感じなかった。尾根の末端でアイゼンを装着し真正面から取り付いた。1024の丸山に出るまでは雪が切れ切れでしょわしない。1024からは雪がベッタリ、熊の足跡に導かれるようにして上を目指す。
1320を過ぎ、なんなく1420に到着。ここまで1時間20分、自分としてはまぁまぁのペース。主稜線まであと600、あと2時間もあれば余裕だろうと思っていた。

だが、ここで一本取って、動き出してから、変な胸騒ぎ。文字通りいつもの心臓の暴走が始まった。そこで、ペースを抑え、カメカメ大作戦に出る。だましだまし1700まで。280登るのに1時間。小又橋を出るときに飲んで来たが、再度シベノールを投入。歩いてるうちに効いてくるだろうとの腹づもり。しかし、1820までの120が1時間。そのあと30メートル行くのに20分。この間、動くたびに虚血状態になる、全身に力が入らず、気が遠のいていくような感じ。息を整えるというよりも、動悸が収まるのを待つ。そして、あの引きずり込まれるような恐怖感。なんでこうなるの?ここで打ち切ることにした。

シベノールが効かないのならワソランでも。気休めかもしれないが、一錠飲んで下りにかかる。下ってみてびっくり、こんなにもダケカンバが多い尾根だったのか。登っているときはほうほうのていで、まわりを眺める余裕などさらさらなかったのだ。こうしてみると、とてもよい尾根だ。何度登っても飽きの来ない山があるが、この尾根もその一つ。

1320からは左のルンゼを拾って一ノ谷に出て、コット谷に降り立った。

登り:小又橋から山ノ神尾根末端まで1時間10分、1850のジャンクションまで3時間20分 
下り:1850から山ノ神尾根正面のコット谷まで1時間15分、小又橋まで1時間

今こうして記録を書いていてもなんともない。体は普通の状態に戻っている。もしかしたら、下る直前に飲んだワソランが効いているのかもしれない。美酒とはいかなかったが、風呂に入ってほろ苦いビールを飲むことにしよう。

印刷用ページ このニュースを友達に送る