はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 大日岳 キイチゴの季節 2013/9/10
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-9-11 4:51:15 (455 ヒット)

桂台のゲートオープンが6時だと思ってあせって車を走らせたが、9月から秋時間になっていてゲートが開くのが7時からだった。通年6時からでもよいと思うのだが、なんとかならないものか。

9月上旬といえば、夏でもなく秋でもない、ちと中途半端な季節。それでも何か新しい発見があるかもしれないと思いながら歩きはじめる。今日は体調もよく、足も軽く、一歩一歩確実に一定のリズムを意識して歩いた。それが功を奏したのか、息も上がらず、順調に大日平まで。平を過ぎ、最初の水場にかかる頃、軽い動悸を感じたが、拍動は乱れていないので、一段ギアを落としてまたゆっくりと歩きはじめる。最後の水場を過ぎたあたりから、完熟のキイチゴがポツポツと目につきはじめる。真っ赤に実ったキイチゴはルビーのように輝いている。そして、いつのまにか山全体がキイチゴ畑になっていた。こんなすごいイチゴ畑に出くわすのは20数年ぶりかな。お盆に通ったときには、そのかけらも見えなかったのに、今日は自分が来るのを待っていてくれたのかのようにたわわに実っていた。

夏の花の時期はそのお花畑に目を奪われ、紅葉の時期は、鮮やかな錦絵に感動する。その一歩手前の今の時期にも、それはそれなりに目に写るものがある。夏から秋へのほんの一瞬のタイミングをとらえた今日の山行だった。今年5回目の大日だが、山の様相は行くたびに違う、そんなだから同じ山を何べん登っても面白いのだと思う。

登り:3時間半 下り2時間40分












































印刷用ページ このニュースを友達に送る