はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : かみさんと白山 今年もおあずけ『お花松原』 2014/8/12-13
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-8-14 18:35:25 (366 ヒット)

やってきました、白山の夏。
去年の7月に訪れたときは時期が早く、花たちはまだ準備段階であった。ただ一つ印象に残るのはコバイケイソウの大群落。ソフトクリームのように盛り上がった白い花が真っ青な夏空に映えていた。昨年は数年に一度の当たりであったらしい。頑張れば日帰り可能なお花松原であるが、今回二泊三日の行程を組んで十分な余裕を持って臨んだ。

8/12 富山〜別当出合〜砂防新道〜南竜ケ馬場野営場
    自宅から別当出合まで150キロ、南竜ケ馬場まで4時間

朝5時に自宅出。これまで白山に行くときはいつも前日に麓でテント泊して、翌朝早く出発していた。今年はそうしないで、家を早出して初日に入山することにした。
今日は一ノ瀬からのマイカー規制が解除されていて、別当出合まで車が入る。駐車場はすでに満杯状態、路肩の駐車スペースも一杯であったが、なんとか駐車場の隙間を見つけて入ることができた。

出発準備段階から雨がポツポツ。歩き初めてすぐにザーザー降りとなった。カッパを着こんで傘をさして歩く。別当出合のビジターセンターまではすぐ。そこまでが一番ひどい雨だった。その後、小雨が降ったり止んだり。二泊三日分の生活用具一式と食糧とビールの重さが肩にくい込む。

南竜ケ馬場野営場に着くころはガスが巻いていた。管理棟の階段のところでかみさんが太ももをつってしまってしばらく固まってしまう。三回目、二年ぶりの南竜ケ馬場、いつものようにハクサンフウロが我々を出迎えてくれた。テント場には10張りほどのテント。テントを設営し終えたのが1時半。夕飯まですることもなく、退屈な時間を過ごす。

5時ごろから雲が切れ始め夕焼け空となり、明日の天気に期待が持てはじめて来た。ビールを飲みながら米を炊いて、夕飯の準備。今日のメニューは、寿司飯に錦糸卵ときざみキュウリの混ぜご飯とワカメスープ。梅干しと焼き肉を家に忘れてきてしまったのが悔やまれる。ラジオの天気予報を聞いて、7時に就寝。

8/13 南竜ケ馬場〜トンビ岩〜室堂〜ビルバオ雪渓入り口〜室堂〜展望歩道〜南竜ケ馬場〜砂防新道〜別当出合
    南竜ケ馬場からビルバオ雪渓入り口まで行って再びテン場まで 7時間
    南竜ケ馬場から別当出合まで3時間

雲ひとつない空に月が照っている夜明け前、絶好の登山日和だ。もち入りそばを食べて出発。トンビ岩まで行く途中でかみさんの昨日つった太ももが再び痛みだす。空身でゆっくりとしたペースでも、一旦痛みだすと歩きに支障が出てしまう。室堂で一服している間、かみさんは足に自信がないから私一人で行って来いと云う。うーん、それでは一緒に来た意味がない。こんな上天気、時間もたっぷりある。ゆっくりでもいいから、一緒に行こうとビルバオ雪渓目指して歩きだす。

大汝直下、中宮道への分岐を右に入り、いよいよお花松原目指しビルバオ雪渓へと下りだす。お花松原が俯瞰できるところまで来て、かみさんが足の調子を理由に自分には無理だと云いだす。たとえお花松原まで下りていくことが出来ても、引き返しの登りに自身がない、今でさえ痛みがあるのにまた痙攣が襲ってきたら動けなくなってしまう。それを考えると無理はできない、と云うのだ。仮に足がつっても、ほんとうにゆっくりでいいから登ればいいよと私は返すのだが、かみさんは、つった足を騙し騙し引っぱって登って来れても、ここから室堂、テン場まではとても無理、ここで待っているからあんた一人で行っておいで、と念押し。私はかみさんと一緒に行くことに固守して、一人で行くことなんて眼中にない。去年の7月は日帰りで同じくここまで来て、そのときは、かみさんがばててもう動けそうになかったので、かみさんを一人残して雪渓を下り、お花松原まで行ってきた。だがそこにはお花畑はなかった。雪が解けたばかりの斜面から草花がようやく目覚め始めてきたばかりだったのだ。だが、今年は違う、必ずやあそこには夢のお花畑が広がっているはず。そして神様が恵んでくれたこの上天気。今行かずしていつそのときが巡って来るというのだ。その地で、夢のお花松原のど真ん中で、かみさんと昼食をとりながら至福のひと時を過ごしたかった。それが一心でここまで来たのに。一人で行って来るなんて到底考えられない。私もかみさんと一緒にそこから引き返すことにした。

室堂に向かう道筋は二人とも無言の行進。だが、その沈黙を破るきっかけとなったのは、室堂への迂回路に見られたクロユリの群生だった。どちらともなく声を掛け合いその姿を確認し合う。あっちにも、こっちにもクロユリが今が見ごろと咲き誇っている。そこはクロユリロードと言っても過言ではない。ここがこの咲き具合ならば、本家お花松原はさぞすごいことになっているのだろうな、と思ってみてもせんないことだった。

室堂からは展望歩道を辿ってテン場へと向かう。そこにも思わぬ光景が待っていた。これはすごいわ。赤や紫、ピンクの花々一面のお花畑。その花々の周りにはアサギマダラが舞っている。お花松原には行けなかったけれど、これを見れられただけでも白山に来てよかった。そう思わせるほどの楽園が広がっていた。

お花松原までは行かなかったので12時過ぎにテン場着。一日早く下山することにした。来年こそはきっと「お花松原」という想いを胸に抱いて、テント場を後にする。











































印刷用ページ このニュースを友達に送る